飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集 » 旬な飲食店フランチャイズを調査 » あわくろタコライス

あわくろタコライス

公開日: |更新日:

あわくろ
引用元HP:株式会社あわくろ公式(https://awacro.com/)

低コストで始めるフランチャイズ「あわくろタコライス」

あわくろタコライスの開業に必要な資金

あわくろタコライスの開業に必要な資金は、詳しい情報がありませんでした。

ただし、公式サイトには「加盟金などの初期費用0円、契約解除手数料0円」と記載されています。HPよりすぐに資料請求することができるので、問い合わせてみてください。

あわくろタコライスの運用に必要な資金

あわくろタコライスの運用に必要な資金の詳細は、情報がありませんでした。

あわくろタコライスの収益モデル

売上高 150万円/月
その他経費 不明
営業利益 不明

あわくろタコライスのフランチャイズとしての特徴

阿波黒牛を使った人気メニュー

徳島県の認可を受けたブランド牛である「阿波黒牛(あわくろうし)」を使い、牛肉本来の旨味を活かした牛タコライスが看板商品です。Uber Eatsでも人気メニューで、評価4.5以上、レビュー500件以上の高評価。

※2022年9月時点の情報 参照元:公式ホームページhttps://awacro.com/tacorice-lp/

あわくろでは、阿波黒牛を徳島の生産者から直接仕入れており、自信を持っておすすめしている安全でおいしい上質なメニューです。

リスクなしで始められるバーチャルレストランFC

加盟金などの初期費用が0円、契約解除手数料も0円で始められるバーチャルレストランFCが可能です。バーチャルレストランとは、店舗を持たずUber Eatsなどの大手プラットフォームを利用して営業するデリバリーだけのレストランのこと。Uber Eatsへの登録なども、すべてあわくろが代行してくれるので、契約したら待つだけで準備が完了します。

ワンオペでも自店があってもFC可能

すでに自店を営業していても、現在の人員配置で運営することができます。タコライスの調理は簡易的なオペレーションで回せるため、営業時間を通して1名での営業も可能。「自店舗と同じ営業時間でタコライスのデリバリーも運営する」というスタイルなので、自店の営業に負担をかけずに行えます。

あわくろタコライスのフランチャイズオーナーからの口コミ評判

口コミは見つかりませんでした。

あわくろタコライスユーザーからの口コミ評判

食べごたえあり!

(前略)普通のタコライスの並みを頼みました。名前の通り、お肉がゴロゴロとしていて食べごたえがありました。見た目はミートソースのような感じで、日本版のタコライスという感じです。味も日本人向けな感じですごく食べやすかったです。お肉らしさが感じされる食感でした。(後略)

引用元:eat wantテイクアウトより抜粋(https://eatwant.jp/reviews/8379/index.html)

お肉ホロホロで美味しい!

(前略)「ゴロゴロお肉の牛タコライス」という耳からも魅惑的な、しかも大好きなチェダーチーズがかかっているという、私にとって外せないメニュー。(中略)チェダーチーズの溶けた滑らかな香りと、メキシカン独特のスパイスな香りが名前の通り「ゴロゴロお肉」とどっさり混ざっていて、「美味しいー!。」タコスのパリパリ生地が食感を一層香ばしくひきたてて、パクパク入っていってしまいます。お肉もホロホロ、旨味もしっかりと伝わってきます。(後略)

引用元:eat wantテイクアウトより抜粋(https://eatwant.jp/reviews/19745/index.html)

あわくろタコライスの基本情報

  • 会社名:株式会社あわくろ
  • 本社所在地:神奈川県茅ヶ崎市赤羽根2642-19
  • 展開店舗数:記載なし 
  • 展開している都道府県:記載なし

不安定な情勢下でも稼げる
老舗飲食店フランチャイズ

不安定な情勢下でも稼げる
テイクアウト飲食店
老舗フランチャイズ

数あるテイクアウト系の飲食店フランチャイズの中でも、長期に渡り安定した実績を挙げている本部を調査。
「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれのジャンルから、
フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社について、その特徴や開業資金をご紹介します。

開業資⾦最安値!※1
流⾏に左右されない
安定経営を⽬指すなら
丼丸
(海鮮丼専門店)

引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)

  • 開業資金:318万円~
  • 月額:3万3,000円
⼤⼈から⼦供まで
普遍的な⼈気おかずで
しっかり稼ぐなら
鶏笑
(から揚げ専門店)
鶏笑HP画像

引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)

  • 開業資金:504.9万円~
  • 月額:2万2,000円
神⽥カレーグランプリ
殿堂⼊り!ネームバリュー
で勝負するなら
⽇乃屋カレー
(カレー専門店)
⽇乃屋カレーHP画像

引用元HP:日乃屋カレー公式
(http://hinoya.jp/company/)

  • 開業資金:796.5万円~
  • 月額:3万8,500円
話題性&高級感◎
オシャレなお店を
持ちたいなら
一本堂
(食パン専門店)
一本堂HP画像

引用元HP:一本堂公式
(https://shokupan-ippondo.jp/)

  • 開業資金:1134.4万円~
  • 月額:月売上の3%

※2021年5月12日時点で、「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれをアントレでフリー検索をした際に上位表示されたテイクアウトの飲食店5社(表示件数が5件に満たない場合は3社)の中から、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社を選定。記載している開業資金および月額費用は2021年4月時点でアントレ(https://entrenet.jp/)に掲載されていたものを参照しています。
※4社の創業年は「丼丸(株式会社ササフネ):1979年」「鶏笑(株式会社NIS):2009年」「日乃屋カレー(有限会社ノアランド):2004年」「一本堂(IFC株式会社):2017年」です。
※開業資金および月額は税込で記載しています。
※1:上記条件で調査をした際の最安値。