飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集

飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集

withコロナ時代の安定収入
飲食店のフランチャイズ開業

2021年以降も続くwithコロナの情勢、まだまだ先行きが不透明な中で、安定した利益を得られるテイクアウトの飲食店が注目を集めています。
当サイトでは開業ノウハウの確立された、テイクアウト系のフランチャイズ飲食店ブランドの情報をお届けます。

不安定な情勢下でも稼げる
テイクアウト飲食店の
老舗フランチャイズ

数あるテイクアウト系の飲食店フランチャイズの中でも、長期に渡り安定した実績を挙げている本部を調査。
「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれのジャンルから、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社について、その特徴や開業資金をご紹介します。

開業資⾦最安値!※1
流⾏に左右されない
安定経営を⽬指すなら

丼丸
(海鮮丼専門店)

丼丸HP画像

引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)

  • 開業資金:318万円~
  • 月額:3万3,000円
⼤⼈から⼦供まで
普遍的な⼈気おかずで
しっかり稼ぐなら

鶏笑
(から揚げ専門店)

鶏笑HP画像

引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)

  • 開業資金:504.9万円~
  • 月額:2万2,000円
神⽥カレーグランプリ
殿堂⼊り!ネームバリュー
で勝負するなら

⽇乃屋カレー
(カレー専門店)

⽇乃屋カレーHP画像

引用元HP:日乃屋カレー公式
(http://hinoya.jp/)

  • 開業資金:796.5万円~
  • 月額:3万8,500円
話題性&高級感◎
オシャレなお店を
持ちたいなら

一本堂
(食パン専門店)

一本堂HP画像

引用元HP:一本堂公式
(https://shokupan-ippondo.jp/)

  • 開業資金:1134.4万円~
  • 月額:月売上の3%

※2021年5月12日時点で、「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれをアントレでフリー検索をした際に上位表示されたテイクアウトの飲食店5社(表示件数が5件に満たない場合は3社)の中から、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社を選定。記載している開業資金および月額費用は2021年4月時点でアントレ(https://entrenet.jp/)に掲載されていたものを参照しています。
※4社の創業年は「丼丸(株式会社ササフネ):1979年」「鶏笑(株式会社NIS):2009年」「日乃屋カレー(有限会社ノアランド):2004年」「一本堂(IFC株式会社):2017年」です。
※開業資金および月額は税込で記載しています。
※1:上記条件で調査をした際の最安値。

テイクアウト系のフランチャイズ
注目の飲食店ブランド4選の詳細をチェック

開業資金最安値!※1
流行に左右されない安定経営を目指すなら

丼丸

丼丸イメージ
引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)
加盟金100万円
研修費1名16.5万円
内外装工事100万~150万円
その他130万円前後
月額のれん代3万3千円
丼丸の収益モデル
  • 売上:2,229,100円
  • 仕入:1,277,000円
  • 家賃・光熱費・消耗品:171,990円
  • 広告費33,435円
  • 人件費155,000円
  • のれん代:32,400円
  • 月利益:約560,000円

引用元:アントレ
https://entrenet.jp/dplan/0001113//

丼丸のブランドとしての特徴

2021年時点で40年以上の歴史がある老舗寿司屋が母体の海鮮丼専門のテイクアウト店です。ボリュームのある海鮮丼が550円~というワンコインに近い価格で提供されていて、その満足度の高さから老若男女問わず人気を博しています。

メニュー数は随時70種類以上、季節ごとのアレンジやオリジナルメニューの提供も店舗ごとにできるため、飽きがこないと評判でリピーターを多く獲得しています。

丼丸が儲かる理由

開業資金318万円~
低リスクで高収益を実現

海鮮丼の調理は5~10坪小規模スペースかつ火を使わないので排煙設備等が不要で工事費も抑えられるため、必要資金が318万円~と低リスクで開業できます。
その上、決められた食材を扱うことで、通常飲食店では10~15%程度の利益率といわれているところ、丼丸では利益率が2021年時点で20~30%が平均値と、しっかりと稼げるモデルが確立しています。

コンビニと競合しない
550円~海鮮丼が魅力

丼丸が提供する550円~の海鮮丼は、そのボリュームや味で人気を博しています。海鮮丼という老若男女問わず普遍的な人気を誇るメニューのため、一過性のブームではなくリピーターが付きやすいのが魅力です。
コンビニなどと競合することがなく、駅前ではない住宅街に出店しても収益が出るなど、海鮮丼というメニュー自体がひとつの強味になっています。

月額3.3万円ののれん代のみで
手厚いサポートが受けられる

店舗の開店後、フランチャイズ本社へ支払う金額は月額の3.3万円のみ。仕入れなどの仲介料などもなく、純粋な利益を追求できます。
その上で本社からのサポートは充実しており、月に1回、各加盟店の収益状況、本社からのアドバイスや情報が受け取れます。メニュー開発などオリジナルの要素を入れることも可能です。

丼丸フランチャイズオーナーの声

他FCで失敗した自分でも、丼丸で成功できました

僕は何度か失敗を経験しているので、どんな情報に対しても慎重だったのですが、丼丸の海鮮丼を食べて「これは、いける!」と直感。研修は2週間ほど。研修後すぐに店を開業。上昇の兆しが見えたのが開店から2~3か月後。常連のお客様も増え、おかげさまで半年で軌道に乗りました。第二号店を決断したのは、その結果から。自信もできたし迷いはありませんでした。

引用元:丼丸公式(https://sasafune.co.jp/kameiten/owner

社長になりたいという夢を丼丸で叶えました

子供の頃から、将来は漠然と社長になりたいと思っていました。その中で見かけた丼丸の「喜びを共有できるビジネスパートナーを募集」という言葉に共感すると同時に、開業資金が安く、制約が少ないことも気に入り、説明会に行きました。そこで初めて丼丸の海鮮丼を試食し、安さとおいしさを実感し、加盟しました。仕事にもようやく慣れてきて、明日がとても楽しいですね。

引用元:丼丸公式(https://sasafune.co.jp/kameiten/owner

⼤⼈から⼦供まで、普遍的な
⼈気おかずでしっかり稼ぐなら

鶏笑

イメージ
引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)
加盟金110万円
研修費33万円
内外装工事205万~306万円
その他150万円前後
月額ロイヤリティ月額2万2,000円
鶏笑の収益モデル
  • 売上:1,700,000円
  • 仕入:760,000円
  • 家賃・光熱費・消耗品:230,000円
  • 広告費33,435円
  • 人件費100,000円
  • ロイヤリティ:22,000円
  • 月利益:約590,000円

引用元:アントレ
https://entrenet.jp/dplan/0001699/

鶏笑のブランドとしての特徴

2017年度の第8回からあげグランプリで日本一を獲得(https://nis-torisho.com/menu/)したからあげ専門店が「鶏笑」です。大分県中津市のタレ工房で長時間熟成で仕上げられた秘伝のタレを、全国の店舗に出荷することで、どの店舗でも美味しいからあげが食べられます。
からあげの他にもチキン南蛮や鶏笑弁当など、ひと工夫することで豊富なメニューを提供しており、普遍的な人気食品&飽きの来ないメニューで、人気を集めています。

鶏笑が儲かる理由

簡単調理で安定的な味
オーナー1人でも営業可能

鶏笑のからあげ調理は短期間での研修で習得可能。味付けの決め手となるタレは本部から一律提供されているため、どの店舗でも美味しいからあげが実現できます。
ある程度の量をまとめて揚げられるため、調理から接客までオーナー1人で対応することも可能。アレンジメニューも簡単な調理手順なものとなっているため、料理に自信がない方でも安定してメニュー提供できます。

老若男女に人気のからあげで
客単価アップが練られる

一人暮らしの方からファミリー層まで、昼食・夕食で活躍するからあげは、駅前のような好立地の場に店を構える必要がなく、開店資金や家賃を押さえられます。
テイクアウト系の中では客単価が高いといわれているからあげですが、さらに様々なメニューを提供することで、さらにプラスして購入をしてもらえる可能性が広がります。

競合店のリサーチなども
充実したサポート体制

鶏笑の本部は競合店をリサーチ、立地選定のアドバイス、仕入先の開拓・紹介、売れる店舗づくり・必要什器の準備支援、目標計画策定、充実の14日間現場研修などが整備されています。
その他の困りごとも電話やメール相談で随時受け付けるなど、充実したサポート体制です。

鶏笑フランチャイズオーナーの声

26年働いた商社を辞め鶏笑フランチャイズで独立

コロナ禍でのオープンでしたが、当初の売上目標も達成して好調です。リピーターも多く、秘訣はやはりおいしさだと思います。加盟前に10店舗以上のからあげ専門店を食べ歩いて比較しましたが、なかでも『鶏笑』は本場の中津醤油に24時間漬け込んでるだけあって、味がしっかり染みてておいしかったですね。

引用元:フランチャイズWEBリポート(https://fc.dai.co.jp/interview/1019

縛りが少ないので自分の好きなように経営できます

店舗実務のノウハウは、直営店で実務を通して教えてもらいました。初心者ですが大丈夫でした。オーナーの独自性を尊重してくれるので、自分の好みが出しやすい。厳しい制約もないので、クーポン配信や看板などの工夫と、いろいろとアイデアが試せて良いです。

引用元:マイナビ独立(https://dokuritsu.mynavi.jp/contents/4159/experiencer/1

神⽥カレーグランプリ殿堂⼊り!
ネームバリューで勝負するなら

⽇乃屋カレー

イメージ
引用元HP:日乃屋カレー公式(http://hinoya.jp/)
加盟金143万円
研修費5.5万円
設備代280万~327.4万円
その他70万円前後
月額ロイヤリティ月額3万8,500円
日乃屋カレーの収益モデル
  • 売上:3,500,000円
  • 仕入:760,000円
  • 総経費:2,455,000円
  • ロイヤリティ:35,000円
  • 月利益:1,010,000円

引用元:アントレ
https://entrenet.jp/dplan/0002120//

日乃屋カレーのブランドとしての魅力

「日本の国民食の代表的なカレー」をテーマに展開するカレー専門チェーン店です。2015年の神田カレーグランプリで2日間2,400杯を完売https://entrenet.jp/dplan/0002120/)したことで、殿堂入りを果たした人気店です。
昔ながらの手法にこだわり、始まり甘く、後より辛い、余韻が残ると評判のカレーを提供。各種アレンジメニューも豊富で、ファンが何度も足を運んでいると評判です。

日乃屋カレーが儲かる理由

言わずと知れた国民食
カレーの人気で安定経営

言わずと知れた国民食であるカレーの人気は普遍的なもので、人気に左右されず経営ができます。カレー好きの間では有名な神田カレーグランプリ(2015年10月31日~11月1日開催)にて堂々の殿堂入りを果たしたことで知名度もあり、「日乃屋カレーを食べたい」という固定ファンがいることも魅力です。
カレールーは本部から提供を受けられるため、安定した味が提供できます。

小スペースで開業可能
テイクアウトとイートインの併用

日乃屋カレーは小スペースで開業可能。テイクアウトとイートイン客席数7席からスタートできるため、初期費用を抑えながらも、様々な情勢に対応できる店舗を経営できます。
たとえイートインが合っても、従業員1名で運営できる簡単オペレーションなので、余分な人件費がかからない分、ローリスクです。

1週間程度の研修で
調理やオペレーションをマスター

カレー専門店なので職人のような調理技術は必要なし。未経験でも1週間程度の研修で、調理から店舗のオペレーションまでしっかりと身につけることが可能です。研修は既存店で行うので実際の流れを習得できます。
WEB集客をはじめ、チラシ、のぼりなどは本部が用意。「あなたの町に愛される日乃屋カレー」を作り上げていきます。

日乃屋カレーフランチャイズオーナーの声

ブランド力と商品力に魅力を感じる

神田カレーグランプリ2013優勝というブランド力と商品力に魅力を感じます。説明会の話では、開業時には社長が店に来ていただき、サポートをしていただけるとのことでしたので安心できます。大手ではないですがどんどん成長していくと思います。

引用元:フランチャイズ比較.net
https://www.fchikaku.net/hinoya_fc?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=special&utm_term=%2B%E6%97%A5%E4%B9%83%E5%B1%8B%20fc&utm_content=hinoya_fc&gclid=Cj0KCQjwktKFBhCkARIsAJeDT0hLI9oCZSOD2yd0qlXwOOZ-cEoOPaOVcXHnbaqWCQfxzovxoDtT3zYaAgXQEALw_wcB

オーナー側の身になっていろいろ考えてもらえた

社長さんの人柄に惹かれました。本部だけの収益追求ではなく、フランチャイジー側の身になっていろいろ考えてくれたのをとっても感じました。カレー屋は大体回転率で勝負するので、社長さんがフランチャイズ店舗に入り、手伝ってくださるのは珍しいですね。

引用元:フランチャイズ比較.net
https://www.fchikaku.net/hinoya_fc?utm_source=google&utm_medium=cpc&utm_campaign=special&utm_term=%2B%E6%97%A5%E4%B9%83%E5%B1%8B%20fc&utm_content=hinoya_fc&gclid=Cj0KCQjwktKFBhCkARIsAJeDT0hLI9oCZSOD2yd0qlXwOOZ-cEoOPaOVcXHnbaqWCQfxzovxoDtT3zYaAgXQEALw_wcB

話題性&高級感◎
オシャレなお店を持ちたいなら

一本堂

イメージ
引用元HP:一本堂公式HP
https://shokupan-ippondo.jp/
加盟金110万円
研修費+支援費77万円
店舗取得・設備費824万~1234.1万円
その他130万円前後
月額月売上の3%※上限5.5万円
一本堂の収益モデル
  • 売上:1,900,000円
  • 原材料費:850,000円
  • ロイヤリティ:55,000円
  • 月利益:1,050,000円

引用元:アントレ
https://entrenet.jp/dplan/0002066//

一本堂のブランドとしての特徴

いま話題の高級食パン専門店の1つとして有名な一本堂は、「日常の食卓に幸せを。」をテーマに、焼き立ての美味しい食パンを提供する店が身近になることを目指し展開しています。
一本堂の食パンは安全・安心をお届けするために素材からこだわり、厳選した食材を使用。原料小麦は4 種類ブレンドするなど、徹底したこだわりに人気が集まっています。

一本堂が儲かる理由

人気ブランドならではの
高い集客&リピート率

テレビなどのマスコミにも多数取り上げられ、話題になっている「高級食パン」ブランドの中でも知名度の高い一本堂。「一度食べてみよう」と足を運ぶ方や、お土産にと複数購入する方など、様々な需要に働きかけられる商材です。
また、朝食は食パンが主食という方は日々増えており、さらに食パンをほぼ毎日食べている人の割合は、意外にも年配の方ほど高くなる傾向があります。高齢化社会という時代性にも適しています。
参考元:ガベージニュース(http://www.garbagenews.net/archives/2045448.html)

元FCコンサルタントの社長が
直接アドバイス

FCコンサルタント経験者の社長自ら低コストかつ効率の良い店鋪運営のサポートを行います。開業前から厨房設備費用・食材ロス・集客・技術習得などの負担を最大限に軽減させ、初期費用を抑えます。
開業者のオリジナリティや理念を尊重することを方針としているため、店舗のデザインを中心に制服やサービス内容なども、顧客層に合わせて設定できるのも魅力です。

生活圏内への出店で
開業資金が抑えられる

一本堂のメインターゲット層は、近隣に住む主婦やシニアの方、その家族が大半。つまり住宅街や商店街など生活圏内に出店することが店舗開発に必要な要素となります。
駅前や大きな施設近くといった一等地に出店する必要がないため、初期費用と毎月の家賃を抑えられます。

一本堂フランチャイズオーナーの声

2週間ほどの研修で開業が可能なことも魅力

食パンだけという切り口が斬新だと思った。確かに毎日の食卓に出てくるもので、焼きたては美味しいのを知ってはいるが、なかなか焼き立ての食パンを買う機会がないのも事実。2週間ほどの研修期間で開業できるのも魅力的。設備投資も大掛かりでなく始められそうなので、良いと思った。

引用元:ここフラ
https://www.franchise-kuchikomi.com/franchises/334/profit/415

小スペースで賃料を抑えられることが良い

出店するにあたり、未経験でも開業できるという点が良い。研修などの実施もしていただけるということで心強い。店舗スペースも小さいため、賃料等のランニングコストをおさえることができるので良い。興味のある事業。

引用元:ここフラ
https://www.franchise-kuchikomi.com/franchises/334/profit/415

飲食店のフランチャイズは不況に強く比較的短期間でオープンできるといった強みがある、効率的な選択肢のひとつです。
フランチャイズで加盟できる飲食店の中から、今旬のテイクアウト系を中心に注目のチェーン店を紹介いたします。

丼丸

「いいものを安く」を追求し、殆どの店舗で原価率は55%以上。家賃や人件費が低いので利益は充分出ます。メニューは70品以上と多彩です。

  • 会社名:株式会社ササフネ
  • 本社所在地:東京都葛飾区四ツ木1-31-2
  • 展開店舗数:約400店舗

笹互

出来合いのものを仕入れて提供するのではなく、調理はすべて自店舗内で行います。その為、常に新鮮な味をお客様に提供することができます。

  • 会社名:株式会社笹互
  • 本社所在地:東京都足立区谷中1-32-22
  • 展開店舗数:21店舗

どん八

豊富なメニューがあり、海鮮以外にも、麺類や他の丼物もあるので様々な層のお客様に向けて販売できます。

  • 会社名:株式会社オフィス・アヴェイル
  • 本社所在地:埼玉県さいたま市北区宮原2-22-1
  • 展開店舗数:10店舗

魚丼屋

メニューの開発も自由で、魚丼以外の商品も自由に販売出来ます。オーナー次第で個性あふれる店舗が出来上がります。

  • 会社名:株式会社ベルツリーカンパニー
  • 本社所在地:東京都足立区千住2-16 市川ビル2F
  • 展開店舗数:25店舗

大漁丼家

本部は他ブランドの展開も行っている為、鶏からの家、丼FAN、まぐろ壱などの他ブランドの開業も可能です。

  • 会社名:株式会社青心
  • 本社所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-3幕張テクノガーデンCB-3F-MBP
  • 展開店舗数:43店舗

鶏笑

からあげグランプリで日本一を獲得したからあげ専門店です。調理は「揚げるだけ」というシンプルさなので、誰でも専門店の味を作れます。

  • 会社名:株式会社NIS
  • 本社所在地:大阪府大阪市都島区東野田町1丁目21-14 ニュー若杉ビル5F
  • 展開店舗数:200店舗

からあげの匠

クセになる「からあげの匠オリジナルの元味のタレ×独自レシピ」でリピート率70%以上を達成しています。「第44回全国醤油品評会(2016年)」など、数々の日本一の賞を受賞した醤油を使用しています。(https://www.e-miso.com/post-79.html

  • 会社名:元気と情熱株式会社
  • 本社所在地:仙台市青葉区二日町3番10号 グランシャリオビル2階-B
  • 展開店舗数:23店舗(直営店含む)

あじむどり

1年から2年の歳月をかけてじっくりと熟成させた昔ながらの製法で仕上げた湯浅醤油を使用しています。また、3坪ほどからでも開業できる為低コストで開業できます。

  • 会社名:株式会社あじむどり
  • 本社所在地:大阪府大阪市旭区清水2丁目11-16
  • 展開店舗数:28店舗

一本堂

食パンのみを販売している 焼きたて食パンの専門店です。原材料にもこだわっており、無添加なのでお子様にも安心して召し上がっていただけます。

  • 会社名:IFC株式会社
  • 本社所在地:東京都新宿区新宿1-13-1大橋御苑駅ビル別館6階
  • 展開店舗数:47店舗

ふわこっぺ

こっぺぱん専門店は競合が少ないため、大きな集客力を持っています。特別な技術も必要ないので、未経験でも簡単に始めることができます。

  • 会社名:株式会社なゆた
  • 本社所在地:兵庫県神戸市中央区相生町4-8-13
  • 展開店舗数:3店舗

日乃屋カレー

神田カレーグランプリの殿堂入りの本格カレーの専門店です。客席数7席の小スペースで開業可能なので、初期費用を抑えて開業できます。

  • 会社名:有限会社ノアランド
  • 本社所在地:東京都文京区湯島2-2-1 東邦深澤ビル1階
  • 展開店舗数:60店舗(直営店含む)

カレーキッチンカーカリガリ

キッチンカーでの提供で、「最小限の設備」と「素早い提供スピード」で高収益を実現しています。

  • 会社名:MIGホールディングス株式会社
  • 本社所在地:東京都港区六本木1-4-5アークヒルズサウスタワー16階
  • 展開店舗数:10店舗(直営店含む)

ほっともっと

持ち帰り弁当業界で、店舗数・売上ともにトップシェアを誇ります(https://www.plenus.co.jp/franchise/hottomotto/reason/growth.html)。ブランド力があるので、地域において高い知名度と集客力を誇ります。

  • 会社名:株式会社プレナス
  • 本社所在地:福岡県福岡市博多区上牟田1丁目19番21号
  • 展開店舗数:2865店舗(直営店含む)

高齢者配食サービスライフデリ

未経験でも完全調理済みの食材を盛り付けて配達するだけなので、調理経験や専門的な資格は必要ありません。

  • 会社名:株式会社グランフーズ
  • 本社所在地:東京都渋谷区代々木1-54-8アビエス代々木3F
  • 展開店舗数:240店舗

まごころ弁当・配食のふれ愛

メニューは管理栄養士と共同で開発しているので、栄養バランスのとれた商品を提供できます。

  • 会社名:株式会社シルバーライフ
  • 本社所在地:東京都新宿区西新宿4-32-4 ハイネスロフティ2階
  • 展開店舗数:626店舗

宅配クック 1・2・3

全国で事業を展開するスケールメリットを保ちながら、テリトリー制によって安定してしっかりと運営できます。

  • 会社名:株式会社シニアライフクリエイト
  • 本社所在地:東京都港区三田3-12-4ニッテン三田ビル6F
  • 展開店舗数:350店舗

ニコニコキッチン

宅配配食サービスを行いながら、高齢者を見守る役割も果たしています。自炊の難しい高齢者の方たちから継続的に必要とされるサービスです。

  • 会社名:株式会社ソーシャルクリエーション
  • 本社所在地:大阪府大阪市中央区安土町1-8-15 野村不動産大阪ビル4階
  • 展開店舗数:不明

ぢどり亭

ぢどり亭は、串に刺さず自社開発の炭火焼装置で網カゴを揺らして焼く九州スタイルのぢどり焼きが楽しめる焼き鳥屋です。

  • 会社名:レゾナンスダイニング株式会社
  • 本社所在地:大阪府大阪市中央区南船場1-8-11
  • 展開店舗:63店舗

その他も見る

飲食FCビジネスは店舗から商品、運営システムまで全てがパッケージ化されているため、加盟店としてフランチャイジーになれば、飲食業のノウハウがなくても簡単にオープンできます。
ここではフランチャイズで飲食店を開業するまでの流れや開業資金について詳しく解説しています。

開業までのステップは大まかに、フランチャイズに関して情報を収集し、比較して、説明会や契約締結にまで進みます。
すぐに開業ができるというわけではありませんので、流れを把握してスケジュールを逆算しながら準備しましょう。

飲食店のフランチャイズを開業するための初期費用は、お店のジャンルによって相場が異なります。また、開業後の運営費用も事業を継続するなかで大切な要素です。資金計画を立てるために、お金に関する情報を調べておきましょう。

フランチャイズの選び方次第で、その後の収益に大きく影響が出てくるわけですから、この点は重要です。フランチャイズチェーンを選ぶ上での判断基準について解説してみましょう。

飲食店を成功させるためにオーナーが意識しなければいけないポイントを解説します。開業前に大切にすべきことと、開業後の成功のコツがありますのでチェックしてみましょう。

コロナ禍で外食が激減している中、わずかなスペースや狭い物件で調理できるので、最低限の設備投資で始められるテイクアウト中心の飲食店フランチャイズなら、緊急事態宣言下でも安心して開業できます。
ここではテイクアウト系の飲食店をメニューごとに紹介。それぞれのメリット・デメリットを解説します。

季節関係なく食べたくなるからあげは、年中安定した需要があります。コロナ禍の現在は、外食は避けたいけれど、お店の味を家庭で食べたい方からのニーズが高まっています。

お持ち帰り専門の海鮮丼チェーン店は、ラーメン店などに比べて競合店が少ないのがメリットです。基本的に調理に火を使わないので、飲食店不可のテナントでも出店許可が出る可能性があります。

カレーとラーメンは日本の国民食で、幅広い年齢層からのニーズがあります。セントラルキッチンで作った食品をあたためるだけなので、未経験者でも本格的なメニューを提供できるのが魅力です。

食材の冷蔵・冷凍保存ができる場所とコンロやIHがあれば開業できるのが魅力的です。女性の社会進出や共働き化、単身世帯、少子高齢化による核家族化で、多種多様なお弁当が求められています。

食パン作りをイチから学ぶ必要がなく、本部のマニュアルによって短期間で習得できるので、未経験から開業するハードルを大幅に下げられます。テイクアウト&デリバリーに特化した販売形態なので、安定した集客を見込むことができます。

アイスやクレープ、ドーナツなどのスイーツは、老若男女に幅広く愛されている飽きの来ない商品です。有名ブランドのネームバリューがあれば、初日から顧客を獲得できます。未経験者でも確かな味とサービスを提供できます。

withコロナ時代は、店舗のイートイン以外の収入源を確保することが生き残る秘訣です。そんな中需要が拡大しているのが、テイクアウトやデリバリー。
オンライン注文でのデリバリー需要が増える中、コロナ収束後の未来も見据えたビジネスを展開しなければなりません。おすすめしたいのが、飲食店のフランチャイズを利用する方法。少ない投資額で安定した利益が期待できるのがメリットです。

ゴーストレストランは飲食店の救世主となるのか

ゴーストレストランとは、ニューヨーク発祥の飲食業態で、客席を持たないキッチンだけのレストランのことです。実店舗を持たないことで、家賃や人件費などの諸経費を抑えることができるのが大きなメリットです。
飲食業者が店内で料理をするこだわる必要がなくなった画期的な事業形態ですが、デリバリー業者に支払う手数料がかかるなどのデメリットもあります。

デリバリーのフランチャイズは儲かる?

コロナ禍で、自宅で外食の味が楽しめる中食が人気を集めています。デリバリーに特化したフランチャイズは省スペースで開業できるので、イートインのお店と比べて開業資金も経費も少なくて済みます。
フランチャイズ本部のセントラルキッチンで調理された料理を温めるだけなので、調理未経験者でも運営できるのが魅力です。

飲食店の生き残り戦略!フランチャイズの活用術

新型コロナウイルス拡大による自粛期間の延長で、飲食店、特に酒を提供する居酒屋やバーなどの売上が激減しています。これからの時代は、店舗だけの売上に頼っていたのでは心もとなくなります。
withコロナ時代に飲食店が生き残るには、店舗以外の売上を伸ばす方法を考えなければなりません。

飲食店フランチャイズで成功した人や企業担当者の声をまとめました。さらにFCオーナーに必要なスキルについても解説しています。
飲食店のフランチャイズで成功した人たちの生の声は、これからフランチャイズで独立したい人や起業したい人、新規ビジネスとして参入したい企業にとって、たくさんのヒントが隠されています。

確実に売り上げがでています

飲食店のフランチャイズを始めたい方の多くが抱く思いは、皆同じ。それは“出店後に売上が本当に立つのか”ということでした。
ここでは飲食店をオープン後に、確実に売り上げをあげているフランチャイジーのオーナーたちの声を紹介してみたいと思います。

企業からのオーダーも続々!

飲食店のフランチャイズは個人オーナーだけでなく、企業や法人が新規事業として始めるケースも多々あります。
ここでは、飲食店FCを企業がはじめ、成功したパターンをご紹介すると共に、成功のポイントをコメントしています。

新店のオープンを考えています

最初の店舗をオープンして軌道に乗った場合、多店舗経営が可能なのも飲食店フランチャイズの利点です。
複数店舗経営でメガ・フランチャイジーを目指すオーナーたちの声と、評価ポイントをまとめてみました。

【PR】フランチャイズ本部に
聞いた成功するオーナー・
失敗するオーナー

2020年以降から続く新型コロナウイルスの流行は、飲食業界にとって前代未聞の出来事だといっても過言ではありません。その中で業績を上げているのが、いわゆるテイクアウトやデリバリーといった業態の飲食店。不安定な情勢下でも安定した営業ができることが実証されました。

感染症対策が叫ばれるより以前から、テイクアウトによる海鮮丼のフランチャイズを展開している会社の会長にに、成功するオーナー・失敗するオーナーの特徴と、フランチャイズ本部が行っているサポートについて伺いました。