飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集 » 旬な飲食店フランチャイズを調査 » cafe de crie

cafe de crie

国内200店舗を誇るカフェ

cafe de crieの開業に必要な資金

フランチャイズ加盟金300万円(別途消費税)
フランチャイズ保証金150万円
内装管理費50万円(別途消費税)

※出店の際は、別途、店舗工事費用、開業備品費、店舗取得費(敷金、仲介手数料等)が必要。

2店舗以降の契約時の加盟金は150万円、保証金が100万円。

cafe de crieの運用に必要な資金

ロイヤリティ純売上の3%
販売促進費純売上の1.5%

契約期間は締結から5 年。

cafe de crieの収益モデル

公式HP、サイトに記載なし

cafe de crieのフランチャイズとしての特徴

フレキシブルな出店形態や商品力

cafe de crieは国内で200店舗近くを展開しているカフェです。加盟希望の方は物件情報を本部から提供されるほか、自分が持っている物件に併設してコラボレーションすることも可能。また、季節やトレンドを意識した商品開発によって顧客を飽きさせない工夫も。原材料もオンライン発注が可能で、365日納品する体制をとっています。

講習や研修などの運営によるサポート力

店長は約50日間の研修を受講でき、基本スキルを養います。cafe de crieとしてのコンセプト、フランチャイズの基礎知識、店舗経営のマネジメントに商品に関する知識と品質管理などを教育しています。クリンリネスや販促に関してや、在庫管理に会計管理全般をサポート。

また、店舗での研修では品質管理、接客の実習に始まり、POSレジ、設備機器のメンテナ

ンスまで幅広く行っています。

開店時のサポート

開店時には1名以上の指導員の派遣を実施。開店後にもスーパーバイザーが2か月に1度の割合で全体的な店舗指導や技術サポートを実施しています。

cafe de crieのフランチャイズオーナーからの口コミ評判

公式HP、サイトに記載なし

cafe de crieのユーザーからの口コミ評判

すき間時間も有意義に過ごせる!

空いた時間にカフェドクリエ御徒町南口店へ

30分の空き時間でしたがコンセントもあり、仕事も出来ました。

スタッフの丁寧な対応やお声かけや挨拶などもしっかりしていてNICE

束の間の時間も有意義に活用させて頂きました。

分煙スタイルの店舗で席数も禁煙エリア 7:喫煙エリア 3の割り合いの空間です。

ゆっくり仕事も捗りそうなので、次回からも活用させてもらおうと思います。

いつも近くにこういう空間とサービスがあると良いですね!

引用元:食べログ
(https://tabelog.com/tokyo/A1311/A131101/13164996/dtlrvwlst/B434555848/?use_type=0&srt=visit&sby=D&rvw_part=all&lc=0&smp=1#125343632)

広いスペースでゆったりと過ごせました

ブルーベリー&ヨーグルトスムージーはブルガリアヨーグルトにフレッシュなブルーベリーのスムージーを合わせたドリンクです。

上には凍ったブルーベリーが6個とホイップクリームがトッピングされています。

甘さ控えめでブルーベリーの風味が強く爽やかな味わいです。

ヨーグルトの酸味との相性がとても良かった。

凍ったブルーベリーのシャリシャリの食感とブルーベリーのフレッシュな味わいがいいアクセントになっていて、今回も美味しく頂けました。

今回2階席で頂きましたが、広いスペースでゆっくり過ごす事が出来ました。

人形町に行く機会が多いので、今後も便利な場所にあるこちらの店舗を利用させて頂きたいと思います。

ごちそうさまでした。

引用元:食べログ(https://tabelog.com/tokyo/A1302/A130204/13040994/dtlrvwlst/B434976619/?use_type=0&smp=1#130676315)

cafe de crieのフランチャイズ本社の基本情報

  • 会社名:株式会社ポッカクリエイト
  • 本社所在地:東京都千代田区九段南4丁目8番21号 山脇ビル3階
  • 展開店舗数:195店舗
  • 展開している都道府県:北海道~沖縄県まで

不安定な情勢下でも稼げる
老舗飲食店フランチャイズ

不安定な情勢下でも稼げる
テイクアウト飲食店
老舗フランチャイズ

数あるテイクアウト系の飲食店フランチャイズの中でも、長期に渡り安定した実績を挙げている本部を調査。
「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれのジャンルから、
フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社について、その特徴や開業資金をご紹介します。

開業資⾦最安値!※1
流⾏に左右されない
安定経営を⽬指すなら
丼丸
(海鮮丼専門店)

引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)

  • 開業資金:318万円~
  • 月額:3万3,000円
⼤⼈から⼦供まで
普遍的な⼈気おかずで
しっかり稼ぐなら
鶏笑
(から揚げ専門店)
鶏笑HP画像

引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)

  • 開業資金:504.9万円~
  • 月額:2万2,000円
神⽥カレーグランプリ
殿堂⼊り!ネームバリュー
で勝負するなら
⽇乃屋カレー
(カレー専門店)
⽇乃屋カレーHP画像

引用元HP:日乃屋カレー公式
(http://hinoya.jp/company/)

  • 開業資金:796.5万円~
  • 月額:3万8,500円
話題性&高級感◎
オシャレなお店を
持ちたいなら
一本堂
(食パン専門店)
一本堂HP画像

引用元HP:一本堂公式
(https://shokupan-ippondo.jp/)

  • 開業資金:1134.4万円~
  • 月額:月売上の3%

※2021年5月12日時点で、「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれをアントレでフリー検索をした際に上位表示されたテイクアウトの飲食店5社(表示件数が5件に満たない場合は3社)の中から、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社を選定。記載している開業資金および月額費用は2021年4月時点でアントレ(https://entrenet.jp/)に掲載されていたものを参照しています。
※4社の創業年は「丼丸(株式会社ササフネ):1979年」「鶏笑(株式会社NIS):2009年」「日乃屋カレー(有限会社ノアランド):2004年」「一本堂(IFC株式会社):2017年」です。
※開業資金および月額は税込で記載しています。
※1:上記条件で調査をした際の最安値。