飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集 » 2021年以降の飲食店の儲かるフランチャイズ事情を考える

2021年以降の飲食店の
儲かるフランチャイズ事情を考える

新型コロナウイルスの拡大で、多くの飲食店、特に酒類を提供するお店の売上が激減しています。

withコロナ時代は、店舗以外の収入源を確保することが生き残る秘訣です。そんな中需要が拡大しているのが、テイクアウトやデリバリー。デリバリーは、現店舗の延長線上や小規模店舗の他、キッチンスペースのみのゴーストレストランでの開業も可能です。

オンライン注文でのデリバリー需要が増える中、コロナ収束後の未来も見据えたビジネスを展開しなければなりません。おすすめしたいのが、飲食店のフランチャイズを利用する方法。少ない投資額で安定した利益が期待できるのがメリットです。

ゴーストレストランは
飲食店の救世主となるのか

Withコロナ時代に、デリバリーに特化したゴーストレストランが急増しています。

店舗を持たずにキッチンスペースだけを間借りして調理し、電話やインターネットで注文を受ける形態です。出来上がった料理はUberEats(ウーバーイーツ)や出前館などのデリバリーサービスが運ぶので、顧客と顔を合わせることがありません。

少ない初期投資で開業できるのがメリットですが、プラットフォーム側に支払う高い手数料や食材の保管場所など、問題点は多々あります。

ゴーストレストランのフランチャイズ
について詳しく見る

デリバリーのフランチャイズは儲かる?

高齢化や女性の社会進出などライフスタイルの変化や軽減税率対象であることが理由となり、中食の人気が上がっています。2020年以降は新型コロナウイルス拡大の影響で苦戦する飲食店が多い中、テイクアウトやデリバリーの需要が急増しました。

デリバリーのフランチャイズは2等・3等地の狭いスペースでもはじめられるのがメリットですが、配達員の人件費やガソリン代がかかります。

デリバリーのフランチャイズ
について詳しく見る

飲食店の生き残り戦略!
フランチャイズの活用術

新型ウイルス拡大による自粛期間に外食の機会が大幅に減ったことで、飲食店の倒産が相次ぎました。飲食店が生き残る手段として、テイクアウトのフランチャイズを活用する方法があります

テイクアウトのフランチャイズは狭いスペースでも開業できるので、初期投資金額が低くて済みます。デリバリーのように余計な人件費に悩むこともありませんし、ゴーストレストランのように高い手数料もかかりません。収入アップするだけでなく、自粛期間の営業時間短縮で生じた余剰人材の有効活用にもなります。

フランチャイズの活用術
で飲食店が生き残るには

この時世だからこそ、
飲食店の開業を考える

アフターコロナでは、世の中も飲食店の在り方も変わります。しかし飲食店がなくなるということはありません。在り方を変えることで飲食店は存続できます。

飲食店が経営不振である現代に開業を考えるなら、今まで以上に注目されるデリバリーやゴーストレストラン、テイクアウトという道があります。その中でも手数料も人件費もかからないテイクアウトのフランチャイズがおすすめです

フランチャイズを選択することで本部の豊富なノウハウや成功マニュアルが得られるので、比較的ローリスクで開業できます。

ウィズコロナの飲食フランチャイズを考える

新型コロナウイルスは、ゼロにすることが難しいと論じられる風潮にあります。これから新規で飲食ビジネスを展開するには、ウィズコロナを意識したアイデアや、ウィズコロナに対応する準備を開業時からすることが成功の鍵となります。具体的にどのような注意点やポイントがあるのか解説しています。

ウィズコロナの飲食フランチャイズを考える
について詳しく見る

アフターコロナ時代の飲食フランチャイズを考える

新型コロナウイルス拡大による自粛期間の延長で、飲食店、特に酒を提供する居酒屋やバーなどの売上が激減しています。これからの時代は、新規開業資金や運営資金を低コストに抑えつつ、シビアな顧客の満足度を高める工夫や、イートイン以外のコンテンツでの副収入を視野に入れた多角的な経営が、収益アップの鍵となります。

アフターコロナ時代の飲食フランチャイズを考える
について詳しく見る

不安定な情勢下でも稼げる
老舗飲食店フランチャイズ

不安定な情勢下でも稼げる
テイクアウト飲食店
老舗フランチャイズ

数あるテイクアウト系の飲食店フランチャイズの中でも、長期に渡り安定した実績を挙げている本部を調査。
「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれのジャンルから、
フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社について、その特徴や開業資金をご紹介します。

開業資⾦最安値!※1
流⾏に左右されない
安定経営を⽬指すなら
丼丸
(海鮮丼専門店)

引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)

  • 開業資金:318万円~
  • 月額:3万3,000円
⼤⼈から⼦供まで
普遍的な⼈気おかずで
しっかり稼ぐなら
鶏笑
(から揚げ専門店)
鶏笑HP画像

引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)

  • 開業資金:504.9万円~
  • 月額:2万2,000円
神⽥カレーグランプリ
殿堂⼊り!ネームバリュー
で勝負するなら
⽇乃屋カレー
(カレー専門店)
⽇乃屋カレーHP画像

引用元HP:日乃屋カレー公式
(http://hinoya.jp/company/)

  • 開業資金:796.5万円~
  • 月額:3万8,500円
話題性&高級感◎
オシャレなお店を
持ちたいなら
一本堂
(食パン専門店)
一本堂HP画像

引用元HP:一本堂公式
(https://shokupan-ippondo.jp/)

  • 開業資金:1134.4万円~
  • 月額:月売上の3%

※2021年5月12日時点で、「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれをアントレでフリー検索をした際に上位表示されたテイクアウトの飲食店5社(表示件数が5件に満たない場合は3社)の中から、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社を選定。記載している開業資金および月額費用は2021年4月時点でアントレ(https://entrenet.jp/)に掲載されていたものを参照しています。
※4社の創業年は「丼丸(株式会社ササフネ):1979年」「鶏笑(株式会社NIS):2009年」「日乃屋カレー(有限会社ノアランド):2004年」「一本堂(IFC株式会社):2017年」です。
※開業資金および月額は税込で記載しています。
※1:上記条件で調査をした際の最安値。