飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集 » 1人開業で繁盛店を目指す!フランチャイズ成功ナビ【飲食編】 » 飲食店を開業するのに向いている人、
向いていない人

飲食店を開業するのに向いている人、
向いていない人

この記事ではFC(フランチャイズ)飲食店を開業するのに向いている人、向いていない人について解説します。飲食店の開業には、料理スキルだけではなく資金調達や店舗マネージメントの幅広い知識が必要です。そのため、しっかりと開業に向けた事前準備が必要なので、開業に向けた適性があるか確認する情報としてご活用ください。

必要な能力・適正

ここでは、飲食店の開業に必要な能力・適正をご紹介します。

料理だけではなく経営能力があるか?

FC(フランチャイズ)飲食店で成功するために求められる能力は、経営能力がもっとも重要です。飲食店の経営能力とは、市場調査に基づく集客目標や収益目標を指します。店舗を開業するにあたり、資金を金融機関から調達している場合は返済計画も含まれます。また、会計知識はもちろんのこと、店舗経営に関わる衛生管理や税務、法律の知識を必要となるため、幅広い経営スキルが必要です。食材やお酒などの納入業者を装った悪徳業者に引っかからないように、お客様へ提供する食材管理も気をつけなくてはいけません。

サービス精神を持って経営できるか?

飲食店はサービス業のため、お客様へおもてなしの心を持って対応する必要があります。お客様への配慮は接客や配膳マナーだけではなく、季節の食材を使用したメニューやクリスマス等のイベント企画も大切です。メニュー開発では食材原価と売上金額を算出し、利益の上がる範囲で創ってください。また、周辺の競合店を調査し、なぜ人気があるかを調査すると良いでしょう。店舗の評判や口コミから改善点を把握し、お店のメニューや内装、接客スキルなどを総合的に改善していく努力も必要です。

向いている人

ここでは、飲食店の経営に向いている人をご紹介します。

自分で経営資金を調達できる人

貯金額で全額まかなえる人を除いて、一般的には飲食店の開業資金と運転資金を借り入れることになります。しかし、創業したての飲食店は金融機関から返済能力の信用が低く、希望金額を借り入れない可能性があります。そうなると日本政策金融公庫で融資の相談を行うことになり、自分で資金計画を立てなくてはいけません。融資後に売上見込みが甘かったり、思った以上に運転資金がかかったりすると、返済金額が重くのしかかってしまいます。いくら借りられるかではなく、無理なく返済できる金額の範囲で、開業計画や事業方針を決められるかを考えましょう。

店舗をマネージメントできる人

店舗を運営するためには、料理人の育成や接客スタッフの指導を行う必要があります。一人では店舗を運営できないため、飲食店の成功にはスタッフの育成をおろそかにはできません。スタッフが安定するまで採用活動を行い、面接対応や教育プログラムも決めましょう。売上目標や集客率を見込みながら必要なスタッフの人数を算出し、毎月のシフトを作成して店舗をマネージメントします。さらに、食材や飲料品の入荷スケジュールも計画する必要があり、取引業者との信頼関係を構築することも大切です。

向いていない人

残念ながら、飲食店の経営に向いていない人をご紹介します。

事前準備せずに飲食店を開業したい人

飲食店の開業には料理だけではなく、資金調達や店舗をマネージメント、幅広い経営知識と事前準備が必要です。料理が好きだからと何も準備をせずに開業してしまうと、経営不振に陥りやすいです。料理の修行中から経営に必要な知識を学び、開業に向けて幅広いスキルを身につけましょう。仕入れ管理や新規メニュー考案などの調理スキルだけではなく、集客方法や採用活動、クレーム対応などの知識も飲食店の経営には欠かせません。店舗の経営者になると料理作りだけに専念できないため、飲食店の開業にはしっかりと準備しましょう。

ストレスやプレッシャーに弱い人

飲食店の経営は、売上のストレスやプレッシャーがあるため、強い精神力がないと心身の不調を起こすかもしれません。開業準備をしっかりと行っていても、経営をしている中で予期せぬトラブルに直面する可能性があります。予想外のトラブルによって閉店することのないように、タフなメンタルがあるか自己分析すると良いでしょう。経営課題に直面しても落ち込まず、経営者として解決策を考えられるのかを見極めてから飲食店を開業するか検討してください。

不安定な情勢下でも稼げる
老舗飲食店フランチャイズ

不安定な情勢下でも稼げる
テイクアウト飲食店
老舗フランチャイズ

数あるテイクアウト系の飲食店フランチャイズの中でも、長期に渡り安定した実績を挙げている本部を調査。
「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれのジャンルから、
フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社について、その特徴や開業資金をご紹介します。

開業資⾦最安値!※1
流⾏に左右されない
安定経営を⽬指すなら
丼丸
(海鮮丼専門店)

引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)

  • 開業資金:318万円~
  • 月額:3万3,000円
⼤⼈から⼦供まで
普遍的な⼈気おかずで
しっかり稼ぐなら
鶏笑
(から揚げ専門店)
鶏笑HP画像

引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)

  • 開業資金:504.9万円~
  • 月額:2万2,000円
神⽥カレーグランプリ
殿堂⼊り!ネームバリュー
で勝負するなら
⽇乃屋カレー
(カレー専門店)
⽇乃屋カレーHP画像

引用元HP:日乃屋カレー公式
(http://hinoya.jp/company/)

  • 開業資金:796.5万円~
  • 月額:3万8,500円
話題性&高級感◎
オシャレなお店を
持ちたいなら
一本堂
(食パン専門店)
一本堂HP画像

引用元HP:一本堂公式
(https://shokupan-ippondo.jp/)

  • 開業資金:1134.4万円~
  • 月額:月売上の3%

※2021年5月12日時点で、「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれをアントレでフリー検索をした際に上位表示されたテイクアウトの飲食店5社(表示件数が5件に満たない場合は3社)の中から、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社を選定。記載している開業資金および月額費用は2021年4月時点でアントレ(https://entrenet.jp/)に掲載されていたものを参照しています。
※4社の創業年は「丼丸(株式会社ササフネ):1979年」「鶏笑(株式会社NIS):2009年」「日乃屋カレー(有限会社ノアランド):2004年」「一本堂(IFC株式会社):2017年」です。
※開業資金および月額は税込で記載しています。
※1:上記条件で調査をした際の最安値。