飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集 » 旬な飲食店フランチャイズを調査 » 一本堂

一本堂

一本堂
引用元HP:一本堂公式
https://shokupan-ippondo.jp/

焼きたて食パン専門店「一本堂」

一本堂の開業に必要な資金

加盟金110万円(税込)
研修費55万円(税込)※2名分
開業支援費22万円(税込)
事務所・店舗取得99万円(税込)※賃貸・10坪
改装・設備330万円(税込)※店舗3坪・工房7坪
備品44万円(税込)※食パン型など

一本堂の運用に必要な資金

ロイヤリティ月売上の3% ※ただし上限5.5万円(税込)

一本堂の収益モデル

厨房設備500万円/夫婦2名/稼働25日の場合
月売上 210万円
原材料費90万円
月利益120万円

※モデルは一例です

厨房設備500万円/夫婦2名/稼働25日の場合

月売上350万円
原材料費150万円
人件費25万円
月利益175万円

※モデルは一例です

一本堂のフランチャイズとしての特徴

高い集客力

朝食は食パンが主食という方は日々増えており、さらに食パンをほぼ毎日食べている人の割合は、意外にも年配の方ほど高くなる傾向があります。高齢化社会という時代性にも適しています。

「食パンはやっぱり一本堂で」と、地域の主婦やシニア世代のファンが多く来店するそうです。

開業資金が抑えられる

一本堂のお客様は、近隣に住まわれる主婦、シニアの方、ご家族が大半です。つまり住宅街や商店街など生活圏内に出店することが店舗開発に必要な要素となります。

駅前や大きな施設近くといった一等地に出店する必要がないため、初期費用と毎月の家賃を抑えられます

元FCコンサルタントの社長が
アドバイス

FCコンサルタント経験者の社長自ら低コストかつ効率の良い店鋪運営のサポートを行います。開業前から厨房設備費用・食材ロス・集客・技術習得などの負担を最大限に軽減させ、初期費用を抑えます。

開業者のオリジナリティや理念を尊重することを方針としているため、店舗のデザインを中心に制服やサービス内容なども、顧客層に合わせて設定できるのも魅力です。

一本堂の
フランチャイズオーナーからの口コミ評判

切り口が斬新。大掛かりでない投資と、
2週間ほどの研修で開業が可能なことも魅力。

食パンだけという切り口が斬新だと思った。確かに毎日の食卓に出てくるもので、焼きたては美味しいのを知ってはいるが、なかなか焼き立ての食パンを買う機会がないのも事実。

2週間ほどの研修期間で開業できるのも魅力的。設備投資も大掛かりでなく始められそうなので、良いと思った。

引用元:ここフラ(https://www.franchise-kuchikomi.com/franchises/334/profit/20)

研修もあり未経験でも開業できることや、
小スペースで賃料を抑えられることが良い。

出店するにあたり、未経験でも開業できるという点が良い。研修などの実施もしていただけるということで心強い。店舗スペースも小さいため、賃料等のランニングコストをおさえることができるので良い。興味のある事業。

引用元:ここフラ(https://www.franchise-kuchikomi.com/franchises/334/profit/415)

一本堂のユーザーからの口コミ評判

生のままバクバク食べられる食パン!!

うわ~見た感じ、キメ細かい~。なんだろう、キメがそろって美しい!生のまま、何もつけずにバクバクと。なにこれ、うんまい!!ジャムもバターもいらない!!ほんのり甘くて、もっちり、ふかふか。うまい、うますぎる~。

シンプルな食パンなのになんでこんなにおいしいの?ちょっと自分の中では衝撃でした。

食パン一本で勝負できる理由がわかりました。絶対またリピートします!!

引用元:食べログ(https://tabelog.com/tokyo/A1320/A132002/13168598/dtlrvwlst/B131192930/?use_type=0&smp=1)

行列必至の食パン専門店

お店の前に行くと、すでに5人程並んでおり人気があり、かつ評判がいいのがうかがえます。一斤だと量が多いので5枚切りでお願いしました。袋に詰めてもらっている時、食パン独特の香りが漂っていて、それが食欲を掻き立てます。

家に持ち帰って早速食べてみると、柔らかくてふわふわしていてそのままで頂くのもいいですが、チーズを乗せて焼いて食べてみました。焼いても香りは残っており、食感はサクサクでモチモチ感は変わらずとても美味しい。やはり出来立てはいいですね。

引用元:食べログ(https://tabelog.com/tokyo/A1323/A132304/13183037/dtlrvwlst/B417748614/?use_type=0&smp=1)

一本堂のフランチャイズ本社の基本情報

  • 会社名:IFC株式会社
  • 本社所在地:東京都新宿区新宿1-13-1
    大橋御苑駅ビル別館6階
  • 展開店舗数:47店舗
    (2018年12月時点の情報)
  • 展開している都道府県:全国

不安定な情勢下でも稼げる
老舗飲食店フランチャイズ

不安定な情勢下でも稼げる
テイクアウト飲食店
老舗フランチャイズ

数あるテイクアウト系の飲食店フランチャイズの中でも、長期に渡り安定した実績を挙げている本部を調査。
「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれのジャンルから、
フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社について、その特徴や開業資金をご紹介します。

開業資⾦最安値!※1
流⾏に左右されない
安定経営を⽬指すなら
丼丸
(海鮮丼専門店)

引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)

  • 開業資金:318万円~
  • 月額:3万3,000円
⼤⼈から⼦供まで
普遍的な⼈気おかずで
しっかり稼ぐなら
鶏笑
(から揚げ専門店)
鶏笑HP画像

引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)

  • 開業資金:504.9万円~
  • 月額:2万2,000円
神⽥カレーグランプリ
殿堂⼊り!ネームバリュー
で勝負するなら
⽇乃屋カレー
(カレー専門店)
⽇乃屋カレーHP画像

引用元HP:日乃屋カレー公式
(http://hinoya.jp/company/)

  • 開業資金:796.5万円~
  • 月額:3万8,500円
話題性&高級感◎
オシャレなお店を
持ちたいなら
一本堂
(食パン専門店)
一本堂HP画像

引用元HP:一本堂公式
(https://shokupan-ippondo.jp/)

  • 開業資金:1134.4万円~
  • 月額:月売上の3%

※2021年5月12日時点で、「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれをアントレでフリー検索をした際に上位表示されたテイクアウトの飲食店5社(表示件数が5件に満たない場合は3社)の中から、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社を選定。記載している開業資金および月額費用は2021年4月時点でアントレ(https://entrenet.jp/)に掲載されていたものを参照しています。
※4社の創業年は「丼丸(株式会社ササフネ):1979年」「鶏笑(株式会社NIS):2009年」「日乃屋カレー(有限会社ノアランド):2004年」「一本堂(IFC株式会社):2017年」です。
※開業資金および月額は税込で記載しています。
※1:上記条件で調査をした際の最安値。