飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集 » 旬な飲食店フランチャイズを調査 » 大漁丼家

大漁丼家

大漁丼家
引用元HP:大漁丼家公式
http://tairyoudonya.com/

こだわりのマグロを低価格で提供する「大漁丼屋」

大漁丼屋の開業に必要な資金

加盟金 110万円(税込)
内外装工事 10万~100万前後(物件による)
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
什器備品小物類(業者紹介) 100万円前後
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
研修費 6.6万円(税込)

大漁丼屋の運用に必要な資金

加盟店月会費 2万2千円(税込)
月会費 2.2万円(税込)
広告費 10万円前後
※メニュー2千枚・新聞チラシ2万枚折込代込み 業者紹介
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
賃料 10万円以下が望ましい(場所による)
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明

大漁丼屋の収益モデル

開業1年目/オーナー+アルバイト2名

月商 180万円
経費(食材等) 90万円
月利益 90万円

※モデルは一例です

開業2年目/オーナー+アルバイト3名

月商 240万円
経費(食材等) 120万円
月利益 120万円

※モデルは一例です

大漁丼屋のフランチャイズとしての特徴

5坪からで開業

わずか5坪からで開業できます。ガスなしのオール電気店舗もあります(余計な設備工事不要)。初期の工事費が低い居抜き物件でも有効に活用できますので、物件探しも効率よく行えます。炊飯以外に火を使わないので飲食NG物件も交渉可能な場合もあります。

店名はオーナーが自由に決める事ができる

持ち帰りや、宅配、イートインの有無、商標登録済の屋号を入れていただければ店名はオーナーが自由に決める事ができます

他ブランドの運営も可能

大漁丼屋をフランチャイズ展開する株式会社青心は、他ブランドのフランチャイズ展開も行っています。その為、大漁丼屋だけでなく鶏からの家、丼FAN、まぐろ壱、FRIED CHI CKEN HOUSEなどのブランドも開業可能

他ブランドであっても、2店舗目の出店の時、追加の加盟金は「0」円。だから発展しやすいのです。

大漁丼屋のフランチャイズオーナーからの
口コミ評判

5坪の店舗で毎日150人を集客し、
月商は400万円!

社長をはじめ、本部スタッフの方が親身になって対応してくださったことが「大漁丼家」に加盟した決め手です。「この方々となら一緒にやっていける!」と確信しました

とはいえ、開業までトントン拍子…ではなかったんです。長く安定した経営を続けたいと考えていたので、物件探しには時間をかけました。人通りが多く、目立つところに出店するために、妥協せずに探したんです。

物件決定まで社長も本部の方も親身にフォローしてくださり、本当にありがたかったですね。

引用元:大漁丼屋公式(http://tairyoudonya.com/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%8A%E3%83%BC%E3%82%BA%E3%83%AC%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%88.html)

大漁丼屋のユーザーからの口コミ評判

値段は安く新鮮でボリューム満点

グロは卸直送らしく、程よく脂が乗った旨い赤身です。ホタテも大きな貝柱ですが、甘くて新鮮。明らかにイクラは人工、ウニは輸入品ですが、値段を考えると値段以上の美味しさ。全品540円でこれだけのクオリティは立派。企業努力に頭が下がります。

店員さんも元気で明るく気持ち良い接客。これからずっと中井で愛されるお店として地域に根付く事を期待してます

引用元:食べログ(https://tabelog.com/tokyo/A1321/A132104/13198796/dtlrvwlst/B210735477/?use_type=0&smp=1)

500円で種類沢山‼︎

500円で、基本53種類に手稲店オリジナル限定メニューも10種類以上でかなり迷っちゃいます。事前に電話予約すると待たずに買えます。

引用元:食べログ(https://tabelog.com/hokkaido/A0101/A010203/1061272/dtlrvwlst/B413953704/?use_type=0&smp=1)

大漁丼屋のフランチャイズ本社の基本情報

  • 会社名:株式会社青心
  • 本社所在地:千葉県千葉市美浜区中瀬1-3
    幕張テクノガーデンCB-3F-MBP
  • 展開店舗数:43店舗
    (2021年5月時点の情報)
  • 展開している都道府県:全国

不安定な情勢下でも稼げる
テイクアウト飲食店
老舗フランチャイズ

数あるテイクアウト系の飲食店フランチャイズの中でも、長期に渡り安定した実績を挙げている本部を調査。
「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれのジャンルから、
フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社について、その特徴や開業資金をご紹介します。

開業資⾦最安値!※1
流⾏に左右されない
安定経営を⽬指すなら
丼丸
(海鮮丼専門店)

引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)

  • 開業資金:318万円~
  • 月額:3万3,000円
⼤⼈から⼦供まで
普遍的な⼈気おかずで
しっかり稼ぐなら
鶏笑
(から揚げ専門店)
鶏笑HP画像

引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)

  • 開業資金:504.9万円~
  • 月額:2万2,000円
神⽥カレーグランプリ
殿堂⼊り!ネームバリュー
で勝負するなら
⽇乃屋カレー
(カレー専門店)
⽇乃屋カレーHP画像

引用元HP:日乃屋カレー公式
(http://hinoya.jp/company/)

  • 開業資金:796.5万円~
  • 月額:3万8,500円
話題性&高級感◎
オシャレなお店を
持ちたいなら
一本堂
(食パン専門店)
一本堂HP画像

引用元HP:一本堂公式
(https://shokupan-ippondo.jp/)

  • 開業資金:1134.4万円~
  • 月額:月売上の3%

※2021年5月12日時点で、「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれをアントレでフリー検索をした際に上位表示されたテイクアウトの飲食店5社(表示件数が5件に満たない場合は3社)の中から、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社を選定。記載している開業資金および月額費用は2021年4月時点でアントレ(https://entrenet.jp/)に掲載されていたものを参照しています。
※4社の創業年は「丼丸(株式会社ササフネ):1979年」「鶏笑(株式会社NIS):2009年」「日乃屋カレー(有限会社ノアランド):2004年」「一本堂(IFC株式会社):2017年」です。
※開業資金および月額は税込で記載しています。
※1:上記条件で調査をした際の最安値。