飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集 » 1人開業で繁盛店を目指す!フランチャイズ成功ナビ【飲食編】 » 飲食店フランチャイズのロイヤリティランキング

飲食店フランチャイズのロイヤリティランキング

さまざまな業種、メニューがある飲食系フランチャイズの中でも、ロイヤリティが安いブランドを10件、ランキング形式でまとめています。ロイヤリティだけでなく、その他運用資金、収益モデルなども紹介しています。

高齢者配食サービスライフデリ

高齢者配食サービスライフデリは、ロイヤリティだけでなく、加盟金・保証金ともに0円のフランチャイズ企業です。完全調理済みの食材を盛り付けていくだけなので、調理経験や専門知識の必要はありませんが、衛生面や顧客が高齢者や持病がある方であるため研修を行っています。研修費は11万円かかります。ロイヤリティはありませんが、会費33,000円(税込)を毎月払う必要があります。

1日50食のモデルケースでは、営業利益が月額25万円ほどになっています。
ロイヤリティ0円
会費月額・定額3万3,000円(税込)
研修費11万円(税込)
広告・宣伝2万1000円~3万1000円
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明

ふわこっぺ

ふわこっぺはロイヤリティ0円です。研修費が22万円、機材リースに300万円ほどかかります。競合が少ない業務形態で、わずか4坪程度の広さの店舗でテイクアウト専門の営業でも120万円売り上げ、47.5万円の収益モデルがあります。

ロイヤリティ0円
研修費22万円(税込)
機材300万円ほど(リース利用で初期費用総額)
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明

どん八

どん八のロイヤリティの記載はありませんでした。ネット広報協賛費の他、研修費が18万3,700円(税込)かかります。

店舗月収150万円、オーナー報酬40~50万円の収益モデルがあります。

ネット広報協賛費 2万8,600 円(税込) 研修費 18万3,700円(税込)

ゴーゴーカレー

ゴーゴーカレーはロイヤリティは0円ですが、初期投資として費用がかかります。B級グルメの金沢カレーへのこだわりが強く、フランチャイズ加盟時の研修は30日間みっちり行います。

初期投資 2,500万円
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
※物件取得費別
ロイヤリティ 0円

カレーキッチンカーカリガリ

キッチンカータイプのフランチャイズでテナント料がいらないため、低資金でも開業しやすいのが特徴です。また、ランチ限定、ランチ+ディナーと営業形態を選択できます。

ロイヤリティ本部サポート費用:月1万1,000円(税込)
研修費27万5,000万円(税込)

大漁丼家

月会費の他、広告費が10万円ほど必要です。広告費の内訳は主に、メニュー2千枚・新聞チラシ2万枚折込代込み業者紹介などです。

また賃料を10万円以下の物件と指定があり、開業地域にもよりますが、なるべく低資金での開業を推奨しています。

加盟店月会費 2万2千円(税込)
月会費 2.2万円(税込)
広告費 10万円前後
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
賃料 10万円以下が望ましい(場所による)
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明

鶏笑

ロイヤリティが月額2万円台と良心的なうえ、オーナー一人でも営業できる形態のフランチャイズなので、人件費が抑えられ利益を計上しやすいです。売上171万円で、利益70万円台の収益ケースもあります。

ロイヤリティ 月額2万2,000円(税込)
研修費 33万円(税込)

まごころ弁当・配食のふれ愛

ロイヤリティだけでなく、研修費も0円のまごころ弁当は、高齢者向けの配食サービスでこれから需要が高まっていく業種でもあります。受注生産で無駄なコストがかからずに開業できるのもポイントです。

平均販売単価475円のお弁当を50食販売で、営業利益が23万円台になるモデルケースもあります。

ロイヤリティ0円
月会費3万3000円(税込)
研修費0万円
広告・宣伝0万円~10万1000円(税込)

丼丸

丼丸には、本部へのマージン支払いはなく、毎月「のれん代」のみを徴収しています。フランチャイズ加盟時の研修は、一名あたり16.5万円です。

また、メニューが海鮮丼で火を使うことがなく、排煙設備を設置しなくてよいなど設備のコストが安く抑えられるメリットもあります。

のれん代 3万3,000円(税込)
研修費 一人当たり16万5,000円(税込)

魚丼屋

魚丼屋は、毎月の「のれん代」を毎月定額支払う必要があります。任意加入ではありますが、包材や調味料の仕入れサイト「魚丼市場」が1,500円、パソコンPOSレジシステムが使用できる「PASOREGI」4,900円の使用料がかかります。

のれん代 3万8,500円(税込)
研修費 一人当たり15万4,000円(税込)

不安定な情勢下でも稼げる
老舗飲食店フランチャイズ

不安定な情勢下でも稼げる
テイクアウト飲食店
老舗フランチャイズ

数あるテイクアウト系の飲食店フランチャイズの中でも、長期に渡り安定した実績を挙げている本部を調査。
「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれのジャンルから、
フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社について、その特徴や開業資金をご紹介します。

開業資⾦最安値!※1
流⾏に左右されない
安定経営を⽬指すなら
丼丸
(海鮮丼専門店)

引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)

  • 開業資金:318万円~
  • 月額:3万3,000円
⼤⼈から⼦供まで
普遍的な⼈気おかずで
しっかり稼ぐなら
鶏笑
(から揚げ専門店)
鶏笑HP画像

引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)

  • 開業資金:504.9万円~
  • 月額:2万2,000円
神⽥カレーグランプリ
殿堂⼊り!ネームバリュー
で勝負するなら
⽇乃屋カレー
(カレー専門店)
⽇乃屋カレーHP画像

引用元HP:日乃屋カレー公式
(http://hinoya.jp/company/)

  • 開業資金:796.5万円~
  • 月額:3万8,500円
話題性&高級感◎
オシャレなお店を
持ちたいなら
一本堂
(食パン専門店)
一本堂HP画像

引用元HP:一本堂公式
(https://shokupan-ippondo.jp/)

  • 開業資金:1134.4万円~
  • 月額:月売上の3%

※2021年5月12日時点で、「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれをアントレでフリー検索をした際に上位表示されたテイクアウトの飲食店5社(表示件数が5件に満たない場合は3社)の中から、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社を選定。記載している開業資金および月額費用は2021年4月時点でアントレ(https://entrenet.jp/)に掲載されていたものを参照しています。
※4社の創業年は「丼丸(株式会社ササフネ):1979年」「鶏笑(株式会社NIS):2009年」「日乃屋カレー(有限会社ノアランド):2004年」「一本堂(IFC株式会社):2017年」です。
※開業資金および月額は税込で記載しています。
※1:上記条件で調査をした際の最安値。