飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集 » いま注目すべきテイクアウトの飲食店フランチャイズ » お弁当フランチャイズ

お弁当フランチャイズ

お弁当

主なフランチャイズ本社

ニコニコキッチン

フランチャイズ本社としての特徴

高齢者向けのお弁当を宅配するだけでなく、安否確認も行う希少性の高いサービスです。そのため、お弁当の手渡しにこだわっています。顧客の飲み込む力や咀嚼する力に合わせて、刻み食にも対応。高価格帯の弁当なのに高齢者やケアマネージャーに選ばれるのは、付加価値が高いからです。

開業にかかる費用610.8万円~1242.6万円
【内訳】
加盟金・申込金:209万円(税込)
研修費:22万円(税込)
保証金:0万円~80万円(非課税)
改装・設備:455万円~605万円(税込)
備品:1.8万円~82.6万円(税込)
その他:35万円~91万円(税込)
研修費:22万円(税込)
広告・宣伝:90.2万円(税込)
運用にかかる費用表記なし
【内訳】
ロイヤリティ
Aプラン:月間総売上高の5%
+販売促進分担金1%
Bプラン:月間総売上高の3%
+販売促進分担金1%

高齢者配食サービス ライフデリ

フランチャイズ本社としての特徴

高齢者にお弁当を宅配して安否確認も行うサービスです。本部から送られてきた調理済みの商材を湯せんし、専用のお弁当箱に盛り付けるだけなので、調理未経験者でもできます

加盟金もロイヤリティも不要なため、低資金での開業が可能。コスト管理を徹底することで、高品質のお弁当を提供することに成功しています。65歳以上の高齢者はまだまだ増え続けると予想されるので、高齢者向け配食市場は今後も高い伸び率が期待できます。元店長クラスのスーパーバイザーのマネジメントが受けられるのも魅力です。

開業にかかる費用23.3万円~204.7万円
【内訳】
研修費:11万円(税込)
事務所・店舗取得:0万円~45万5000円
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
備品:5万2000円~72万7000円
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
その他:5万円~12万1000円
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
広告・宣伝:2万1000円~3万1000円
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
運用にかかる費用表記なし
【内訳】
会費:月額・定額33,000円(税込)

宅配クック1・2・3

フランチャイズ本社としての特徴

お食事の用意が困難な高齢者へお弁当を手渡しし、お届け時に安否確認も行います。生活インフラに位置付けられる事業で、自粛中でも行政から継続強化を要請されるので、契約を解除されることがほとんどありません

更に販路を増やしていくことで、収益がストックで積みあがっていきます。高いブランド力で、顧客との信頼関係も築けます。

開業にかかる費用402.6万円~1472.9万円
【内訳】
加盟金:198万円(税込)×エリア数
研修費:22万円(税込)
保証金:0円
事務所・店舗取得:0万円~45万5000円
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
改装・設備:385万円(税込)
その他:5万円~12万1000円
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
広告・宣伝:2万1000円~3万1000円
※HPには税込・税抜の記載がなく税不明
運用にかかる費用表記なし
【内訳】
ロイヤリティ:0円
会費:月額・定額33,000円(税込)

ほっともっと

フランチャイズ本社としての特徴

おいしさにこだわったお弁当を手頃な値段で提供するのが特徴のテイクアウト・デリバリー店です。テレビCMなどの大規模なPR、商品開発を本部が担当してくれるので、オーナーは目の前の仕事に没頭できます。

女性の社会進出に伴う共働き家庭の増加や、単身世帯、少子高齢化による核家族化など、食種や食事の時間の多様化により、ニーズは今後も伸びていくと思われます

開業にかかる費用302万円~312万円
【内訳】(税込)
加盟金:110万円(税込)
研修費:22万円(税込)
保証金:100万円※非課税
仕入代金他:77万円(税込)
(内訳:在庫買取額、つり銭、その他費用)
つり銭:10万円(税込)
その他費用:20万円(税込)
運用にかかる費用月額8万8000円(税込)
【内訳】
ロイヤリティ:月額8万8000円(税込)

※売上が伸びても8万8000円(税込)です。

お弁当のフランチャイズのメリット

  • 食事時間の多様化で、市場が拡大中
  • こんな時期だからこそ求められる極めて存在意義の高いビジネス
  • 継続的に必要とされるサービスのため、今度も固定客が見込める

食材の冷蔵・冷凍保存ができる場所と湯せんが出来るコンロやIHがあれば開業できるのが魅力的です。女性の社会進出や共働き化、単身世帯、少子高齢化による核家族化で、多種多様なお弁当が求められています。

高齢者向けのお弁当のフランチャイズは、管理栄養士監修の高齢者に専門特化したお弁当なので、コロナ禍でも存在意義の高いビジネスです。高齢者の安否確認も行うので、1年365日、継続的に必要とされるサービスです。

高齢者人口はこれからも増え続ける見込みで、マーケットはますます大きくなることでしょう

お弁当のフランチャイズのデメリット

  • 加盟金やロイヤリティを支払わなければならない
  • 他のフランチャイズ店の悪いブランドイメージに左右されることもある
  • 本部のマニュアルに従わなければならないため、自由にできない

フランチャイズ店は、本部からノウハウを得る代わりに、加盟金や毎月のロイヤリティを払わなければなりません。また、同じチェーンのお店が問題を起こして悪い評判が立つと、巻き添えを食うこともあります

ほとんどのことがマニュアル化されているので、個人店と違って独自のメニューを開発したり仕入先を開拓したりすることができません。契約期間中に解約することになると、違約金を払わなければなりません。

お弁当のフランチャイズは
こんな方におすすめ

  • 地元商店街などで、長年愛されるお弁当屋さんになりたい方
  • 食中毒や火災などのトラブル対応策を考えられる方
  • 本部のマニュアルや経営方針に賛同できる方

お弁当のフランチャイズは、本部の経営方針と自分のビジョンが合っている方におすすめです。フランチャイズに加盟すると3年から5年は本部に従う形になるので、事前に契約内容を細かくチェックしましょう。

お弁当を作るので、食中毒や火災の恐れがあります。トラブルが起こった時でも冷静に行動できる人がこのビジネスに向いています。お弁当のコンセプトに合わせた立地を選ぶことで、地元商店街で長年愛されるお弁当屋さんを目指すことができます

不安定な情勢下でも稼げる
テイクアウト飲食店
老舗フランチャイズ

数あるテイクアウト系の飲食店フランチャイズの中でも、長期に渡り安定した実績を挙げている本部を調査。
「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれのジャンルから、
フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社について、その特徴や開業資金をご紹介します。

開業資⾦最安値!※1
流⾏に左右されない
安定経営を⽬指すなら
丼丸
(海鮮丼専門店)

引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)

  • 開業資金:318万円~
  • 月額:3万3,000円
⼤⼈から⼦供まで
普遍的な⼈気おかずで
しっかり稼ぐなら
鶏笑
(から揚げ専門店)
鶏笑HP画像

引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)

  • 開業資金:504.9万円~
  • 月額:2万2,000円
神⽥カレーグランプリ
殿堂⼊り!ネームバリュー
で勝負するなら
⽇乃屋カレー
(カレー専門店)
⽇乃屋カレーHP画像

引用元HP:日乃屋カレー公式
(http://hinoya.jp/company/)

  • 開業資金:796.5万円~
  • 月額:3万8,500円
話題性&高級感◎
オシャレなお店を
持ちたいなら
一本堂
(食パン専門店)
一本堂HP画像

引用元HP:一本堂公式
(https://shokupan-ippondo.jp/)

  • 開業資金:1134.4万円~
  • 月額:月売上の3%

※2021年5月12日時点で、「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれをアントレでフリー検索をした際に上位表示されたテイクアウトの飲食店5社(表示件数が5件に満たない場合は3社)の中から、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社を選定。記載している開業資金および月額費用は2021年4月時点でアントレ(https://entrenet.jp/)に掲載されていたものを参照しています。
※4社の創業年は「丼丸(株式会社ササフネ):1979年」「鶏笑(株式会社NIS):2009年」「日乃屋カレー(有限会社ノアランド):2004年」「一本堂(IFC株式会社):2017年」です。
※開業資金および月額は税込で記載しています。
※1:上記条件で調査をした際の最安値。