飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集 » 旬な飲食店フランチャイズを調査 » テガル デリバリー

テガル デリバリー

公開日: |更新日:

テガル デリバリー
引用元HP:テガル デリバリー公式
https://tgal.jp/merchant/

食の有名ブランド店を一度に取り扱える
「テガル デリバリー」

テガル デリバリーの開業に必要な資金

加盟金・保証金 100万円(税不明)
研修費 50万円(税不明)
保証金 50万円(税不明)
事務所・店舗取得 150万円(税不明)
備品 250万円(税不明)
その他 宅配バイク
100万円(税不明)

テガル デリバリーの運用に必要な資金

ロイヤリティ 5万円(固定)
会費 記載なし
広告・宣伝 記載なし

テガル デリバリーの収益モデル

居抜き物件導入ケース

売上高 4,500,000円/月
その他経費 4,000,000円/月

【内訳】
原価:1,570,000円
人件費:1,480,000円
支払手数料:350,000円
地代家賃:150,000円
固定ロイヤリティ:50,000円
その他諸経費:400,000円

営業利益 500,000円/月

※モデルは一例です

テガル デリバリーのフランチャイズとしての特徴

好きなブランドをいくつでも選べる複合型ブランドデリバリー

全国でも有名な30ブランドを取り扱っており、そのなかから好きなブランドをいくつでも選んで運営することができる複合型ブランドデリバリーです。新規でデリバリーサービスを検討している方はもちろん、すでに飲食店のオーナーをされている方も店舗の収益拡大のために採用することができます。

ブランド数はいつでも増減できるので、売り上げやニーズに応じて採用ブランドの変更も可能です。料理はすべて二次加工されており、マニュアルを通りに作るだけで誰でも同じ味の料理を提供することができます。

高価格ブランド店とリーズナブルなブランド店の組み合わせで収益を安定化

テガル デリバリーでは高価格ブランドからお手ごろなブランドまで幅広く取り扱っています。高粗利収益が期待できる高価格ブランドとユーザーの利用頻度が高い低価格ブランドを組み合させて提供することで、収益の安定化を目指すことができます。取り扱うブランドはいずれもリピート率50%と高いブランド力を誇る店ばかりです。

最短3週間の店舗運営サポート

通常の飲食店とは異なるデリバリービジネスのノウハウを提供しています。研修は最短3週間から1か月程度実施。ビジネス座学、実技研修を実施し、店長候補として店舗運営が可能なレベルになるまでサポートしてくれます。

開業後は専属SVが定期的に店舗を訪問し、店内の状態や経営状態を確認。状態に応じて改善案を提示し、店がより良い方向に向かうようサポートします。

テガル デリバリーのフランチャイズオーナーからの
口コミ評判

トレンドに合わせてブランド展開ができます

飲食は他と比べて流行の移り変わりが激しい業界。1つのブランドで勝負をして流行ったとしても、流行が終わってしまえばお店も衰退していきます。しかし、テガルデリバリーは複数のブランドを展開しているだけでなくトレンドに合わせたブランド展開なので、何度でもチャレンジできる土壌が整ってるのです

引用元:フランチャイズWEBリポート(https://fc.dai.co.jp/interview/59)

夫婦で経営してマイホームを手に入れました

今回TGALデリバリーに決めた一番の理由は時代の流れにあった商品、ブランドを次々に新しいブランドを本部が用意してくれることだと思います。実際、お店をOPENして既に2つのブランドも追加しましたから。私は運営に集中できることは大きいですね。また、TGALさんのビジョンにも共感できました。ピザや寿司しかメジャーでないデリバリー業界に新しい食文化を広めたいという話をオーナーからお伺いし、なんかワクワクしました。

引用元:フランチャイズWEBリポート(https://fc.dai.co.jp/dokuritsu/fc-owner/418)

テガル デリバリーのユーザーからの口コミ評判

どのメニューもおいしいです

このデリバリー店のメニューは、どれも旨い。クオリティーも、高い。ビビンバは、チキンが本当に美味しかった。漬け込みのたれが、旨いのだろう。言う事なし。温玉、キムチ、各種ナムルをご飯に混ぜて食す。うーん、もう、自分のチョイスを褒める。

引用元:食べログ(https://tabelog.com/hyogo/A2801/A280102/28058638/dtlrvwlst/B434797291/)

テガル デリバリーのフランチャイズ本社の
基本情報

  • 会社名:株式会社 TGAL
  • 本社所在地:東京都千代田区神田錦町3-21-7 JPRクレスト竹橋ビル 8階
  • 展開店舗数:直営17店舗 フランチャイズ68店舗(2020年12月時点)
  • 展開している都道府県:全国

不安定な情勢下でも稼げる
老舗飲食店フランチャイズ

不安定な情勢下でも稼げる
テイクアウト飲食店
老舗フランチャイズ

数あるテイクアウト系の飲食店フランチャイズの中でも、長期に渡り安定した実績を挙げている本部を調査。
「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれのジャンルから、
フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社について、その特徴や開業資金をご紹介します。

開業資⾦最安値!※1
流⾏に左右されない
安定経営を⽬指すなら
丼丸
(海鮮丼専門店)

引用元HP:丼丸公式
(https://sasafune.co.jp/)

  • 開業資金:318万円~
  • 月額:3万3,000円
⼤⼈から⼦供まで
普遍的な⼈気おかずで
しっかり稼ぐなら
鶏笑
(から揚げ専門店)
鶏笑HP画像

引用元HP:鶏笑公式
(https://nis-torisho.com/)

  • 開業資金:504.9万円~
  • 月額:2万2,000円
神⽥カレーグランプリ
殿堂⼊り!ネームバリュー
で勝負するなら
⽇乃屋カレー
(カレー専門店)
⽇乃屋カレーHP画像

引用元HP:日乃屋カレー公式
(http://hinoya.jp/company/)

  • 開業資金:796.5万円~
  • 月額:3万8,500円
話題性&高級感◎
オシャレなお店を
持ちたいなら
一本堂
(食パン専門店)
一本堂HP画像

引用元HP:一本堂公式
(https://shokupan-ippondo.jp/)

  • 開業資金:1134.4万円~
  • 月額:月売上の3%

※2021年5月12日時点で、「海鮮丼」「唐揚げ」「カレー」「パン」それぞれをアントレでフリー検索をした際に上位表示されたテイクアウトの飲食店5社(表示件数が5件に満たない場合は3社)の中から、フランチャイズ本部として最も長く運営をしている1社を選定。記載している開業資金および月額費用は2021年4月時点でアントレ(https://entrenet.jp/)に掲載されていたものを参照しています。
※4社の創業年は「丼丸(株式会社ササフネ):1979年」「鶏笑(株式会社NIS):2009年」「日乃屋カレー(有限会社ノアランド):2004年」「一本堂(IFC株式会社):2017年」です。
※開業資金および月額は税込で記載しています。
※1:上記条件で調査をした際の最安値。