飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集

繁盛店・多店舗経営も夢じゃない!飲食店フランチャイズ成功ガイド

第1位

丼丸●開業資金:400~500万円
●月額費用:3万円(のれん代、固定、税別)
※この他一切の支払いはナシ

詳細をチェック

第2位

かまどや●開業資金:1,000万円~1,200万円
●月額費用:6万円(ロイヤリティ、固定、税別)
※そのほか保険料(1万円前後)が発生

詳細をチェック

第3位

 ぢどり亭●開業資金:1,500万円~2,000万円
●月額費用:10万円(ロイヤリティ、固定、税別)
 

詳細をチェック

HOME » 飲食店フランチャイズの成功者に聞きました » 新店のオープンを考えています

新店のオープンを考えています

まず最初の店舗をオープンして軌道に乗った場合、多店舗経営が可能なのも飲食店フランチャイズの利点です。複数店舗経営でメガ・フランチャイジーを目指すオーナーたちの声と、評価ポイントをまとめてみました。

飲食店フランチャイズで多店舗化をめざすオーナーの成功体験談

オーナーからの評判複数店舗経営も夢じゃない(海鮮丼のテイクアウト専門店「丼丸」のオーナー)

2店目のオープンに向け、追い込みの再研修を受け、本日、新店の看板工事が終わりました。

看板の反響はスゴいですね。すでに数名のお客様よりお問い合わせを頂いております。人気店や話題店のフランチャイズに加盟することの大切さを実感しています。

評価ポイント

複数店舗の経営を目指し経営を成功させるには、それなりに必要な経営的な要素が必要となります。

フランチャイズを選ぶ段階で、複数店経営が可能か?複数店経営の段階での研修や指導はあるのか?を、加盟店になる前に本部に必ず確かめましょう。

オーナーからの評判フランチャイズ加盟の理由は、店舗委託システムがあったから(海鮮丼のテイクアウト専門店「丼丸」のオーナー)

フランチャイズで独立するにあたり、将来は多店舗経営をしたいと考えていました。

丼丸を展開する株式会社ササフネには、事業拡大を目指す人のための本部出店ノウハウである店舗委託システムがあり、私の事業計画に合致すると考え、加盟を決めました。

評価ポイント

飲食店の中でも多店舗化がしやすいビジネスモデルがあります。

ポイントは、老若男女に支持されていること、日本人の誰もが好きな寿司を扱っていること、そして、本部の経営実績があることです。

オーナーからの評判安定した経営とリスクヘッジのため、新店をオープン(「京たこ」オーナー)

最初に京たこをオープンさせる時は、初期費用で900万円かかりました。投資資金が回収できるまで3年~5年くらいかかりましたね。

今回、多店舗化を考えたのは、事業リスクを軽減できると思ったからです。

評価ポイント

飲食店=事業であるという認識をしっかりと持つことが大切。経営者としての将来的な中長期ビジョンを描くことで、成功する確率もあがるものです。

 

旬な飲食店フランチャイズを調査

飲食店フランチャイズの成功者に聞きました

繁盛店を目指す!フランチャイズ成功ナビ【飲食編】