飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集

繁盛店・多店舗経営も夢じゃない!飲食店フランチャイズ成功ガイド

第1位

丼丸●開業資金:400~500万円
●月額費用:3万円(のれん代、固定、税別)
※この他一切の支払いはナシ

詳細をチェック

第2位

かまどや●開業資金:1,000万円~1,200万円
●月額費用:6万円(ロイヤリティ、固定、税別)
※そのほか保険料(1万円前後)が発生

詳細をチェック

第3位

 ぢどり亭●開業資金:1,500万円~2,000万円
●月額費用:10万円(ロイヤリティ、固定、税別)
 

詳細をチェック

HOME » 飲食店フランチャイズの成功者に聞きました » 企業からのオーダーも続々!

企業からのオーダーも続々!

飲食店のフランチャイズは個人オーナーだけでなく、企業や法人が新規事業として始めるケースも多々あります。ここでは、飲食店FCを企業がはじめ、成功したパターンをご紹介すると共に、成功のポイントをコメントしています。

新規事業として有望な飲食店フランチャイズの成功体験談

オーナーからの評判オープン前の研修もしっかりしているので安心(海鮮丼のテイクアウト専門店「丼丸」の事業経営)

プレオープン前に、4人ほど社員研修をお願いしました。オープン初日からバイト&社員に負担をかけないように心配りをしての開店です。おかげさまで3万、4万、5万と、毎日徐々に売り上げをあげています。

今月はクーポンチラシをまき、攻めの販促活動を計画中。近隣の住民に丼丸を知ってもらい、リピーターを多く獲得できるよう頑張っていきたいです。

評価ポイント

フランチャイズで飲食店を事業として始めようと考えている企業や法人は、フランチャイザーの研修制度にも着目すべし。

店舗経営においてフランチャイジー側の負担にならないよう、教育・研修制度が充実しているFCを選びましょう。

オーナーからの評判知名度とノウハウをしっかりと持っている強みがある(オーダーメイドサンドイッチ「サブウェイ」の法人経営者)

原価率でおよそ33%、人件費率でおよそ25%前後。大手チェーンなのでやはり調達と物流、品質管理のノウハウはしっかりしていると感じた。アメリカナイズされたチェーンとして有名店という点も、ビジネスを始める上で有利だと考えました。

評価ポイント

ヘルシー志向の高まりから、都心では女性やOLを中心に結構人気のあるサブウェイ。開業する上での投資資金が高額ですが、好立地のテナントがあれば、複数展開して利益を上げるチャンスが見込める業態です。

オーナーからの評判飲食店のノウハウがなくても、スムーズに事業展開できた(和風居酒屋「ぢどり亭」新規事業経営)

飲食店ビジネスは、技術もノウハウもありませんでしたが、FCに加盟することで、本部から必要な技術や飲食店の経営について提供してもらえ、スムーズに事業展開をすることが可能になりました。

我が社の課題であった事業の複合化が叶えられました。

評価ポイント

ノウハウや経験を持っていなくても、フランチャイズ本部の研修制度やフォロー体制がしっかりとしていれば、全くの未経験や異業種でも、新規事業として参入が可能です。

 

旬な飲食店フランチャイズを調査

飲食店フランチャイズの成功者に聞きました

繁盛店を目指す!フランチャイズ成功ナビ【飲食編】