飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集

繁盛店・多店舗経営も夢じゃない!飲食店フランチャイズ成功ガイド

第1位

丼丸●開業資金:400~500万円
●月額費用:3万円(のれん代、固定、税別)
※この他一切の支払いはナシ

詳細をチェック

第2位

かまどや●開業資金:1,000万円~1,200万円
●月額費用:6万円(ロイヤリティ、固定、税別)
※そのほか保険料(1万円前後)が発生

詳細をチェック

第3位

 ぢどり亭●開業資金:1,500万円~2,000万円
●月額費用:10万円(ロイヤリティ、固定、税別)
 

詳細をチェック

HOME » 旬な飲食店フランチャイズを調査 » かまどや

かまどや

独自のフランチャイズ制度を持つ弁当屋チェーンかまどや。その特徴や開業費、先輩オーナーの声をまとめました。

2つの契約タイプで、フランチャイズ開業を応援する弁当屋「かまどや」

かまどや弁当屋チェーンを展開するかまどやでは、ふたつの契約タイプのフランチャイズシステムがあります。

【独立オーナーシステム】

土地や建物をオーナーが用意して開業するパターンです。商号や商標、システム、ノウハウを提供してもらい、独立経営していきます。

飲食店経営が初めてでも、独自の開店計画システムにより、本部から強力なサポートが得られるので安心。少ない開業資金で、高利益が得られます。

【経営委託システム】

本部が用意した店舗のオーナーになるタイプです。土地・建物を本部のかまどやが用意してくれるので、運転資金のみで開業できます。

本部の直営店でノウハウが習得できるのが強み。自信と経験がつけば、独立オーナーシステムに変更することも可能です。少ない資金で始められるし、かまどやの将来性や事業展開を知る上でも、比較的始めやすいタイプですね。

かまどやではセンターコアシステムという独自のフランチャイズ体制を持っています。これは総事業本部と各事業本部が同一資本により、加盟店との連携を迅速かつスムーズにする体制です。

これにより時代のニーズに即した商品開発、流通体制の確保、販売促進活動、経営システムがタイムロスすることなく、加盟店と共有できるのです。一例をあげるならば、各事業本部のスーパーバイザーは店舗運営の相談や指導をするだけでなく、お客様の要望や市場の動向など、マーケティング情報なども提供しています。

かまどやでは、開業前も開業後もフランチャイジーへの徹底サポートを売りにしているようです。

【オーナーの声】

  • オーナーからの評判頑張りが収入に反映されるという点は魅力です。「本家かまどや」はロイヤリティがわずかで、しかも毎月固定。これは大きなポイントです。
  • オーナーからの評判お客様から「ありがとう」「美味しかったよ」「また来るね」といったお言葉をいただいた時、かまどやで開業して良かったと思いました。

かまどやの開業に必要な資金

【独立オーナーシステム】

初期投資 100万円(加盟保証金)
【内訳】
設備管理費・厨房器具費・販促費・内外装工事費・その他
初期費用合計額 1,000万円〜1,200万円
※店舗用の物件がない場合は、別途費用が必要
ロイヤリティ 月6万円(固定)
※そのほか、宣伝広告費:3万1,500円、保険料:1万円前後が別途発生

【経営委託システム】

初期投資 100万円(加盟保証金)
※そのほか運転資金:60万円~80万円が別途必要。
ロイヤリティ 月6万円(固定)
※そのほか、リース料+店舗賃料:45万円(一般的な例)、宣伝広告費:3万1,500円、保険料:1万円前後が別途発生

飲食店フランチャイザーの基本DATA

  • 会社名:株式会社本家かまどや
  • 本社所在地:兵庫県神戸市中央区布引町1丁目1番5号 本家かまどやビル
  • 事業本部:全国18ヶ所

 

旬な飲食店フランチャイズを調査

飲食店フランチャイズの成功者に聞きました

繁盛店を目指す!フランチャイズ成功ナビ【飲食編】