飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集

繁盛店・多店舗経営も夢じゃない!飲食店フランチャイズ成功ガイド

第1位

丼丸●開業資金:400~500万円
●月額費用:3万円(のれん代、固定、税別)
※この他一切の支払いはナシ

詳細をチェック

第2位

かまどや●開業資金:1,000万円~1,200万円
●月額費用:6万円(ロイヤリティ、固定、税別)
※そのほか保険料(1万円前後)が発生

詳細をチェック

第3位

 ぢどり亭●開業資金:1,500万円~2,000万円
●月額費用:10万円(ロイヤリティ、固定、税別)
 

詳細をチェック

HOME » 繁盛店を目指す!フランチャイズ成功ナビ【飲食編】 » フランチャイズブランドの選び方

フランチャイズブランドの選び方

FCビジネスを始めるにあたり、繁盛するノウハウや飲食店を成功させるためのポイントをまとめました。

フランチャイズブランド選びが、成功の決め手

儲からない理由を考察してみると、その逆のことができれば飲食店経営は成功するはずです。

それを可能にする第一歩は、どこでフランチャイズをはじめるべきか。これにつきるでしょう。フランチャイズの選び方次第で、その後の収益に大きく影響がでてくる訳ですから、ことは重要です。

フランチャイズチェーンを選ぶ上での判断基準について解説してみましょう。

その1:将来性が期待できるFCビジネスか?

店舗数の増減や既存の加盟店の伸び率をしっかりチェック。販売品・サービス内容・店舗やショップ・流通や物流・顧客ターゲットなど、独自性と競合から生き抜くための対策を常に考えている本部であれば、将来的な発展を望めるといえます。

またマーケットで成長が期待できるブランドかどうかも、考えてみましょう。

その2:開業費用やロイヤリティは、高くないか?

FCビジネスに必要となる費用については、しっかりと検討してください。複数の同じ業態で、フランチャイズ加盟にかかる費用を比較検討することも大切。

本部が提示する利益率や経営効率が良いところを選ぶのはもちろんですが、開業費やロイヤリティが経営を圧迫することがないよう、シミュレーションしてください。

その3:研修制度は充実しているかどうか?

「加盟金安いけど、ほとんど研修がなかった」「ロイヤリティが低いが開店後のサポートなし」では話になりません。説明会などで、どういった内容の研修をしてくれるのか、しっかりと確認するようにしましょう。

また開業後の研修やサポート体制についても、要チェック。多店舗経営を目指す人は、将来的に経営についてもフォローしてもらえるかどうかもしっかり確認するようにしましょう。

その4:本部の経営方針に賛同できるか?

FCビジネスでは、基本的にフランチャイジー(加盟店)はフランチャイザー(本部)の指導・方針に従わなければなりません。

事業理念や経営方針をはじめ、本部の事業に対する熱意や加盟店との関係について、しっかりとヒアリングしてください。事業パートナーとして信頼することができると判断してから、契約するべきです。

要チェック!儲からないのは、それなりに理由があります

いざ夢の飲食店を始めたのはよいけれど、儲からずに閉店に追い込まれる可能性も否定できないは事実です。厚生労働省の調査では、なんと全体の1割にあたる10万店が年間で廃業するという結果がでたそうです。

儲からない理由を上げてみると、「新規の集客ができなかった」「人材が定着しなかった」「立地が悪かった」といった声が挙げられました。

これから飲食店FCビジネスを始める人にとっては、マイナスな話ですみません。でもよく考えてみてください。儲からない理由を逆手にとれば、FCビジネスを始めるにあたり、どこに気をつければよいか、成功するためのポイントが見えてきます。

 

旬な飲食店フランチャイズを調査

飲食店フランチャイズの成功者に聞きました

繁盛店を目指す!フランチャイズ成功ナビ【飲食編】