飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集

繁盛店・多店舗経営も夢じゃない!飲食店フランチャイズ成功ガイド

第1位

丼丸●開業資金:400~500万円
●月額費用:3万円(のれん代、固定、税別)
※この他一切の支払いはナシ

詳細をチェック

第2位

かまどや●開業資金:1,000万円~1,200万円
●月額費用:6万円(ロイヤリティ、固定、税別)
※そのほか保険料(1万円前後)が発生

詳細をチェック

第3位

 ぢどり亭●開業資金:1,500万円~2,000万円
●月額費用:10万円(ロイヤリティ、固定、税別)
 

詳細をチェック

HOME » 繁盛店を目指す!フランチャイズ成功ナビ【飲食編】 » かかる費用

かかる費用

FC(フランチャイズ)飲食店の開業にかかる費用総額(相場)を業種・業態ごとに紹介しています。またお金に関する失敗例や回避策もまとめています。飲食店のフランチャイズの開業資金は業態によっても様々です。主な飲食業の事例を調べてみましたので、大まかな相場をつかむ参考にしてください。

飲食店FCの業態別開業費用相場

飲食店の場合、開業する店舗の業態や規模、立地によって大きく変わってきます。開業するまでにどの程度の資金が必要になるか、事前に資金計画をたてておく必要があります。

フランチャイズで開業する際には、加盟金保証金、厨房機器・什器費、広告費、研修費、外装費、設備費、不動産取得費、運転資金がかかります。

[飲食店FCの開業資金相場]

どんぶり店 400万円~
ラーメン店 400万円~2,000万円
居酒屋 900万円~2,500万円
宅配ピザ 1,500万円
弁当屋 100万円~3,000万円
ハンバーガー・サンドイッチ店 300万~2,000万円
カレー屋 200万円~
たこ焼き・お好み焼き屋 30万円~400万円

費用を考える上で大切なことは、開業資金だけでなく、運転資金も頭に入れておかなければなりません。運転資金は月々の家賃や仕入れ等を行なうお金になります。どうしても開業資金にばかり目が奪われがちですが、開業後の運転資金は費用を考える上で大切ですよ。

そうしたことを鑑みれば、開業費用だけでなく、月々の運営費用の負担が軽いフランチャイズを選ぶようにしたいものですね。

失敗例から学ぶ!FCのお金のトラブル回避策

オーナーからの評判失敗例CASE1:売上が説明を受けた時ほど、得られない!


説明会や資料などで提示された売上予想や経費が、FC加盟後の実態と異なり、当初の予測の半分にも満たない売上で困っています。

回避策

売上予測の算出根拠をしっかりと確認すること。また既存加盟店から情報を集めたり、近隣地域の同業他社の売上状況を調査しておきましょう。

オーナーからの評判失敗例CASE2:思っていたよりロイヤリティが高い!

売上不振や営業コスト増で赤字ですが、ロイヤリティの支払いは必ずしなければならず、経営を圧迫しています。

そもそも、なぜこんなにロイヤリティが高いのだろう。

回避策

ロイヤリティの算出方法は、FCチェーンによって異なります。必ずしも純利益に対して支払うものとは限りません。粗利や売上高ベースであったり、定額の場合もあります。

営業費や売上高で算出されない場合は、売上不振で経営が赤字であっても、ロイヤリティの支払いに応じなくてはなりません。なるべくロイヤリティが固定で低い額のフランチャイザーと契約しましょう。

オーナーからの評判失敗例CASE3:契約解除にもお金がかかる!?

経営が不振なため閉店することしたが、途中でFC契約を解約したら、解約違約金をとられた!

回避策

フランチャイズによっては、解約違約金が生じるところがあります。解約違約金については、契約時に充分内容を確認し、納得した上で契約するようにしましょう。

 

旬な飲食店フランチャイズを調査

飲食店フランチャイズの成功者に聞きました

繁盛店を目指す!フランチャイズ成功ナビ【飲食編】