飲食店で成功するなら!注目のフランチャイズ大特集

繁盛店・多店舗経営も夢じゃない!飲食店フランチャイズ成功ガイド

第1位

丼丸●開業資金:400~500万円
●月額費用:3万円(のれん代、固定、税別)
※この他一切の支払いはナシ

詳細をチェック

第2位

かまどや●開業資金:1,000万円~1,200万円
●月額費用:6万円(ロイヤリティ、固定、税別)
※そのほか保険料(1万円前後)が発生

詳細をチェック

第3位

 ぢどり亭●開業資金:1,500万円~2,000万円
●月額費用:10万円(ロイヤリティ、固定、税別)
 

詳細をチェック

飲食店FCを成功させる秘訣は、フランチャイズ選びにアリ!

フランチャイズの中でも飲食店経営には、独自のノウハウと運営方法があります。このサイトでは実績と将来性が見込めるフランチャイズ店をピックアップして、調査した内容をまとめています。あわせて飲食店フランチャイズオーナーの体験談や、成功させるためのポイントなどを網羅して紹介していますので、ぜひ参考になさってください。

まずは気になる飲食店ランキングトップ5の発表です!開業費用や月額費用(本部に支払う金額)、始めやすさ、収支モデル、フランチャイザーの特徴、利用者からの評判、オーナーの声を比較しています。

飲食店フランチャイズを始めたいとお考えの方の参考になれば幸いです。

低資金で安定収入が期待できる注目の飲食店FCランキング

1位 丼丸
丼丸
 
丼丸のフランチャイズについてもっと詳しく
 
【収益モデル1】
●月売上:403万7,045円
●運営費:284万5,433円
●利益:119万1,612円
 
【収益モデル2】
●月売上:294万6,880円
●運営費:247万9,038円
●利益:86万7,842円
 
【収益モデル3】
●月売上:276万3,435円
●運営費:238万9,238円
●利益:79万197円
開業資金 ◎ 400~500万円
月額費用 ◎ のれん代:3万円(固定、税別)
※この他一切の支払いはナシ
始めやすさ ◎ ●初期投資費用が同業他社と比べ安価。約1年で初期投資額を全額回収できているビジネスモデルも。
●具材をご飯の上に乗せるだけなので、高度な調理スキルは不要。調理初心者でも気軽に始められる。
利用者の評判 ◎ 丼丸さんは500円台で海鮮丼が食べられるので、ランチでは助かっています。
会社の側にあっていつも利用しています。「家の近くにも店舗があればいいのに…」と、いつも思っています。
海鮮丼のクオリティが高く、その上リーズナブルなので、よく利用していますよ。
【丼丸のフランチャイズとは】
●人気の国民食とも言える海鮮丼を500円均一とリーズナブルな価格で扱っているので、長期的に安定した顧客が確保でき、不況知らず。
低資金で開業ができ、月々のロイヤリティも固定で安価。本部が加盟店と共存共栄で発展していくことを、事業戦略の核に据えている。
●初期投資回収も早く、多店舗経営も視野にいれた経営ができる。将来の事業拡大にも期待大。
●オーナー側の自由度が高い。お店にオーナーそれぞれのオリジナリティがだせる。

【オーナーの声】

オーナーからの評判原価を50%に上げてもしっかりと利益が出せるビジネスモデルは、大変素晴らしいです。
オーナーからの評判海鮮丼のフランチャイズは競合店が少なく、ビジネスチャンスがありますね。
オーナーからの評判わずか1年で初期投資分を回収できました。
オーナーからの評判フランチャイズの飲食店ですが、オーナーの裁量で様々な工夫ができ、自由度が高いですね。

 
2位 かまどや
かまどや
 
かまどやのフランチャイズについてもっと詳しく
 
【収益モデル】
※要資料請求
開業資金 ○ 1,000万円~1,200万円
月額費用 ◎ ロイヤリティ:6万円(固定、税別)
※そのほか保険料(1万円前後)が発生
始めやすさ ○ ●「独立オーナーシステム」と「経営委託システム」の2つの契約タイプあり。経営委託システムを選べば、運転資金のみで開業できる。
利用者の評判 ◎ 2ケ月毎に内容が変わり品数も豊富で良い感じ。白飯も美味しいです。
季節メニューがあり、飽きませんね。価格がリーズナブルなのもGood!
ボリューム感もあって、お得です。ホカホカの状態で出てくるので、いつも美味しく頂いています。
【かまどやのフランチャイズとは】
●オペレーションから技術・店舗運営・管理全般を習得する研修はもちろん、開業後も地域ごとの各スーパーバイザーが徹底サポート

【オーナーの声】

オーナーからの評判ロイヤリティが固定なので、助かっています。
オーナーからの評判顧客の顏が見える飲食店なので、反応がダイレクトにわかる点は良いですね。
オーナーからの評判頑張りが、収入に反映されるので、オーナー自らお店に立っています。

 
3位 ぢどり亭 ぢどり亭
 
ぢどり亭のフランチャイズについてもっと詳しく
 
【収益モデル1】
●月売上:400万円
●運営費:331万円
●利益:69万円
 
【収益モデル2】
●月売上:400万円
●運営費:334万円
●利益:66万円
開業資金 サンカク 1,500万円~2,000万円
月額費用 ○ ロイヤリティ:10万円(固定、税別)
始めやすさ ◎ ●坪100万円弱(加盟金込み)から出店可能。
利用者の評判 ◎ 味も接客も文句無しです。
今での焼きとり屋とまったく違っていて、美味しかったです。
『串に刺す手間を味と値段に』という言葉は本当でした。値段とボリュームに満足です。
【ぢどり亭のフランチャイズとは】
●九州スタイルの網カゴで焼く、本格的な薩摩地鶏料理を提供する居酒屋。居酒屋業界の中でも競争力をもった商品スタイルを持っている。
●本部のマニュアルに縛られず、接客やメニュー開発できる等、オーナー側の自由度が比較的高い。

【オーナーの声】

オーナーからの評判独自の居酒屋オペレーションが人気を呼び、連日お客さんでにぎわっています。
オーナーからの評判居酒屋経営は初めてでしたが、50日間にもおよぶ研修があり、開店前には自信がつきました。
オーナーからの評判店舗毎にオリジナルメニューを提供できるので、オーナーのこだわりが活かせます。

 
4位 京たこ
京たこ
 
京たこのフランチャイズについてもっと詳しく
 
【収益モデル】
●月売上:300万円
●運営費:237万円
●利益:63万円
開業資金 ◎ 700万円~
月額費用 ロイヤリティ:16万円(売上の4%、400万円売り上げた場合)
始めやすさ ◎ 3坪の小スペース・軽厨房設備で開業できるため、初期投資が比較的安価。
●低資金で開業でき、大きな収益が見込める“粉もの”事業。
利用者の評判 ○ ソースがいろいろ選べるのが嬉しいです。結構通ってますね。
気軽に食べられるファーストフード。値段も安いのがいいですね。
たこ焼きと言えば京たこだと思ってます。ビールにピッタリ。
【京たこのフランチャイズとは】
●ショッピングセンターやスーパーに出店していて、京たこは知名度がある。
●本部のサポートや研修プログラムが充実している。

【オーナーの声】

オーナーからの評判売上のほとんどが固定客!多くのファンを獲得しています。
オーナーからの評判年間を通しての売上があります。季節に関係がなく安定しています。
オーナーからの評判オーナー自ら店舗に入れば、その分利益が大きくなりますよ。

 
5位 らあめん花月
らあめん花月
 
らあめん花月のフランチャイズについてもっと詳しく
 
【収益モデル1】
●月売上:450万円
●運営費:361万9,000円
●利益:88万1,000円
 
【収益モデル2】
●月売上:450万円
●運営費:355万3,000円
●利益:94万7,000円
 
【収益モデル3】
●月売上:500万円
●運営費:396万円
●利益:104万円
開業資金 サンカク 1,759万円
月額費用 ロイヤリティ:18万8,000円(売上の4.7%、400万円売り上げた場合)
始めやすさ ○ ●運営と経営の両面から万全のサポート。プロのラーメン経営者へ着実にステップアップできる。
利用者の評判 ○ 有名人とのコラボラーメンを食べるのが楽しみ。時期によってメニューが変わるので、いろんな味を楽しめるのも◎!
いつ行っても変わらない味なので、安心して美味しいラーメンが食べられます。
深夜まで営業しているので、仕事帰りによく利用しています。
【らあめん花月のフランチャイズとは】
●不況に左右されないラーメン店で、飲食業未経験でも開業できる。創業20年で培ってきたフランチャイズノウハウを持っている。
●商品開発力があり、常にFC店をバックアップ。
●オーナーの4人に1人が複数店を経営

【オーナーの声】

オーナーからの評判ラーメン屋は景気に関係なく営業できると説明会で言われ、独立を決めました。
オーナーからの評判らあめん花月は、未経験から独立できるシステムがあり、飲食経験が全くなくても大丈夫です。
オーナーからの評判1店目の経営が順調で、早くも2店目の出店計画を本部と詰めています。

低資金で開業でき、将来性も有望な「丼丸」が堂々第1位!

丼丸飲食店のフランチャイズの中で最もお勧めしたいのは、海鮮丼の「丼丸」です!

丼丸は毎日買いにきてくれるお客様もいるほどの人気店。流行り廃りがなく日本人に愛され続ける「海鮮」「寿司」が、500円均一(税別)で食べられ、味とボリュームに自信があることから、ファンを確実に増やしている、注目のフランチャイズです。

以下で、丼丸の魅力を詳しくお伝えします。

ポイント1 初期費用が安く、始めやすい

丼丸店舗 画像丼丸の場合、出店するお店の物件代を抑えられるが大きな魅力。飲食店のフランチャイズでは店舗にかかる費用がネックになりますが、丼丸は持ち帰り専門店なので、狭くてOKなのです。

内外装の工事、什器類の購入、広告宣伝費、そして加盟金をあわせても、500万円以内で出店できます。しかも、ほとんどのオーナーが開業資金を数ヶ月~1年くらいで無理なく回収しているようです。

ポイント2 月額費用(のれん代)が安く、経営の負担が少ない

丼丸はのれん代だけを、月々本部に支払うシステム。売上に応じて支払うロイヤリティがなく、月々固定で3万円の「のれん代」だけでOKです。本部に支払う費用が少ないので、店舗運営や経営に負担がかかりません。

これはオーナーに成功してほしいという思いから、本部の収入は低く設定しているとのこと。フランチャイズ本部とオーナーが共に成長していく、共存共栄の方針を貫いているからだそうです。

ポイント3 オーナーサイドの自由度が高く、お店にオリジナリティが出せる

丼丸メニュー撮影画像丼丸には、出店費用もさることながら、フランチャイジー側の自由度の高さに魅力を感じて加盟するオーナーも多くいます。

たとえば地元の名産の新鮮な魚を使ったオリジナル丼を出している店舗などもあり、メニュー開発もできます。しかも、価格設定も本部が推奨する500円にしなくてOK。50%を下回らなければ原価率も自由で、仕入先もオーナー側で決められるというから驚きです。

丼丸は通常の飲食FCにありがちな、がんじがらめのマニュアル経営ではありません。飲食店なので、衛生管理だけは、徹底するよう指導されますが、ほぼすべてがオーナーの自由なので、「雇われている」感が少ないことは非常に魅力だといえるでしょう。

ポイント4 他の店舗と情報共有できるので、客観的な視点で経営ができる

丼丸素材画像丼丸では、月1回発行している「丼丸通信」で、フランチャイズ加盟店の情報が共有できます。

新規オープン情報、他店の売り上げ情報、原価率情報、新メニュー情報、仕入れ情報、本部による店舗の印象レポート、お客様からのクレームなど、他の店舗の情報が入ってくるため、経営の参考にできます。

ポイント5 開業前後のサポート体制が充実

オープン前はもちろん、オープン後もしっかりサポート。困ったことがあれば、いつでも相談に乗ってもらえます。

オープンに際しての不安点は、電話やメールでいつでもアドバイス。また、研修はわかるまで丁寧に教え、不安がある人は延長も可能とのこと。オープン後、再研修を受けに来てもOKだそうです。

以上の点から、「丼丸」を1位に選びました。丼丸は初期費用や運営費の負担が少ないだけでなく、将来の可能性を感じ、本部といい関係が築けるフランチャイズだと思います。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。


オススメの飲食店「丼丸」のフランチャイズについてもっと詳しく
http://sasafune.co.jp/kameiten

このサイトでは、私が独自で調査した情報をまとめています。飲食店のフランチャイズを始める皆さんのお役に立てれば幸いです。

※最新情報をお知りになりたい方は、各飲食店の公式サイトをご確認ください。

旬な飲食店フランチャイズを調査

飲食店フランチャイズの成功者に聞きました

繁盛店を目指す!フランチャイズ成功ナビ【飲食編】